聖母マリアのファティマの予言!隠されたファティマの第3の予言の真実とは?

ファティマの予言は1917年ポルトガルのファティマという村で聖母マリアから子供たちに告げられたものです。100年以上もの時を経て現代では都市伝説とまで言われるようになりました。ファティマの予言の内容、ファティマの予言に隠された真実と嘘についてお話していきます。

この記事をかいた人

アウトドア関連、特にキャンプに関するおすすめグッズやブランド、アウトドアファッション関連が得意分野です。「次のキャンプにはこれを持って行こう」と思えるようなアイテム紹介やライティング、画像選びを心がけております。

ファティマの予言とは

20世紀初頭、第一次大戦の最中のイベリア半島はポルトガルの小さな集落「ファティマ」にある日「聖母マリア」が現れ、羊飼いの子ども三人にこれからこの世界で起こることを3つ話したと言われています。これが「ファティマの予言」です。この話は世界的にも有名な都市伝説となり、人類の終わりや宇宙人の出現など、噂が噂を呼んでいます。

ポルトガルにある小さな村ファティマで告げられた

1917年、予言を受け取ったとされるのは、ファティマ村に住む3人の羊飼いの子どもたち、「ルシア」「フランシスコ」「ジャシンタ」です。子どもたちは毎月13日に同じ場所に来るように言われ、そこでマリアから予言の他に、人々の信仰が揺らいでいることや、そのために地獄に落ちて苦しむ霊魂があることを言われます。

全部で3つのファティマの予言がある

7854 / Pixabay

合計3つ、マリアはこれから人類が遭遇することを話したとされ、最初とその次の予言についてはすでに公表されていますが、三つ目の予言については現在でも秘匿のままです。

第3の予言はまだ公表されていない

RosieLea / Pixabay

ルシアには三つ目の予言が託されました。そしてこの予言は1960年になるまで秘密にしなければならず、公表するのはそのあとであると言われます。彼女はバチカンに予言の内容を知らせましたが、当時の教皇は絶句し卒倒したほどで、あまりにショッキングな内容からバチカンは公表せず、その後40年にわたって秘密にされました。

ファティマの予言の内容

マリアが語った予言のうち最初の二つまでは公開されており、的中していると言われています。その内容は大戦の終結とその後に起こる二つ目の世界大戦の勃発です。

ファティマの第1の予言

最初に託された予言は大戦の終結です。第一次世界大戦は新型の化学兵器や爆弾などが多く使われた「総力戦」と言われ、そのために各地で多くの犠牲者を出していました。予言は、そんな大戦も1918年の終わり頃までに終わり、平和がもたらされるという内容です。そしてその通りに、1918年11月に第一次世界大戦は終結しました。

ファティマの第2の予言

次の予言では「第二次世界大戦の勃発とその予兆としてヨーロッパで奇妙な光が見える」という内容です。前の予言では「人々の信仰心が神に向けられなければ再び地獄が現れる」と語られており、1939年に第二次世界大戦がドイツのポーランド侵攻によって開戦し、その前年にはヨーロッパでオーロラが見られたと言われています。

2つの予言は的中・人類規模の内容

NEXT 2つの予言は的中・人類規模の内容