高級魚ウメイロの特徴から美味しい食べ方まで魅力を一挙にご紹介!

美味しいウメイロの選び方

スーパーや市場で購入できるところもありますが、お値段が少しお高めなのでせっかく食べるのなら、選び方は知っておきたいポイントですよね。

選び方のポイント

黄色いラインがハッキリしているもの。エラが赤くて鮮やかなもの。体全体が乾いてないもの。お腹がしっかりと張りがあり、体全体もぴんと張っているもの。こちらを見極めてよりウメイロを楽しみたいですね。

ウメイロの値段

ウメイロは入荷がほとんど無い年もあったり、地域によっても価格の変動が大きい魚です。通常キロ単価4000円~5000円ですが、入荷が多い時期にはキロ単価3000〜3500円ぐらいと買いやすい値段となります。

こんな風にスーパーで見つけられたら嬉しいですね。

ウメイロのおすすめの食べ方6選

フエダイの仲間では、ハマダイに並ぶほど食味に優れているとされているウメイロです。クセがなくあっさりとしているため、焼き物、蒸し物、煮付けなどいろいろあります。どのような料理でもおいしく食べられるのですが、その中でもおすすめの6選を紹介したいと思います。

①ウメイロの刺身

3枚に下ろして皮を剥ぎ、透明感のある白身で脂がのっていると少し白濁して白くなります。血合いが弱くて見た目にも美しいです。

鮮度がよければお魚の甘みを感じながら楽しめるので、1番のおすすめはお刺身です。脂がのっていて美味しいです。身質はタイよりもしっかりとした歯ごたえがあり脂ものっていてモチモチとした食感が魅力的です。スダチやミカンを絞ってスッキリとした食べ方が旨みを引き立ててくれます。

②ウメイロの煮付け

ウメイロは皮目にもまったくクセがなく、旬な時期には程よく脂がのって煮付けても硬く締まりません。湯通しをして冷水につけます。鱗やぬめりを取り除いて、水分をよくきり、水、みりん、酒、しょうゆであっさりと煮たものです。しかし、お魚自体がしっかりと旨みの詰まったものなので、お酒と塩だけの味付けでも美味しくなります。

③ウメイロのカルパッチョ

3枚におろして、塩は薄めにして、冷蔵庫で15分くらい置いたら水洗いをして、塩と水分を落とします。丁寧に拭いてから戻しておいた昆布で巻きます。そして1晩寝かせます。翌日盛りつけをして完成です。

パーティーでのカルパッチョもよいですが、こんな風にBBQの前菜にウメイロのカルパッチョも素敵ですね。鮮度も落ちにくいお魚だからこそできる美味しい食べ方の1つと言えます。

④ウメイロのハーブ焼き

魚のお腹に塩コショウをして、ハーブを入れます。火の通りを良くするため、表面に切り込みを入れ、表面にも塩コショウを振ります。そしてアルミホイルに魚とオリーブオイルを入れ、残りのハーブものせたら、ホイルで包み込みます。200度のオーブンで20分程焼いたらホイルを開けてさらに焼き上げます。表面に焦げ目がついたら完成です。

こちらもお手軽にメインのお料理になりますね。透明感のある白身ですが、白濁しやすいお魚で火を通しても強く締まらないためグリルにするのにもよいです。魚の体自体も大きく肉もしっかりついているのでとても見映えがよくパーティーなどにも、最適なお料理です。

NEXT ⑤ウメイロの潮汁