釣りの種類を知ろう!オモリやラインの種類をご紹介

釣りのワームの種類:ピンテール (商品例「フラットジャンキー」)

Amazonで見る

ピンテールワームは、尻尾部分が細く直線的な形をしているワームです。小ぶりながら、細長い尻尾が細かく振動するように動いて魚を誘います。紹介した「フラットジャンキー」は、平べったいボディ部分が特徴です。オモリと針が一緒になった「ジグヘッド」と組み合わせた釣り方をすることによって、集魚効果がさらに高まります。

釣りのワームの種類:スティックベイト (商品例「ジー・スティック」)

Amazonで見る

一見するとストレートワームに似ていますが、若干ずんぐりした形をしています。そのため水の抵抗を受けやすく、より大きな水流を作ってくれます。紹介した「ジー・スティック」は、ボディに刻まれた溝によって、特に高い集魚効果を発揮します。視界の悪い水質の場所での釣りで、その真価を発揮します。

釣りのワームの種類:シャッドテール (商品例「Tテールシャッド」)

Amazonで見る

存在感のある形状の尻尾が特徴的なワームです。平べったく厚みがある尻尾によって、大きな水流を生み出して魚を誘います。淡水でのバス釣りのみならず、潮の流れがある海釣りでも使えるワームです。紹介した「Tテールシャッド」も、バス釣りだけでなく砂浜でのヒラメ釣りや、岩礁帯での穴釣りなど幅広く使えます。

釣りのワームの種類:クロー (商品例「ファイティングクロー」)

Amazonで見る

クローワームは、ザリガニなどの甲殻類に似せて作られたワームです。水底に生息するザリガニを捕食する魚を狙うために使います。底を探る釣り方に最適です。紹介した「ファイティングクロー」は、特に爪が大きく作られており、遠くの魚にまでアピールします。穴釣りで根魚を釣るのにも使えます。

釣りのワームの種類:虫系 (商品例「青木虫」)

Amazonで見る

虫系のワームは、水面に落ちてきた虫に似せて作られています。弱った虫を捕食する魚を狙うためのアイテムです。魚が水面に上がってくる暖かい時期の釣りに向いています。紹介した「青木虫」は、存在感のある足が特徴です。水面でじたばたと動き、効果的に魚へアピールすることができます。

釣りの種類を知ろう!道具編|ウキ

ウキには様々な役割がありますが、最も重要なのは「仕掛けのポジションを安定させる」という役割です。というのも、ウキは必ず水面に位置します。そのため、ウキから下の仕掛けの長さを変えることによって、水中で仕掛けが広がる範囲を調節することができるのです。

NEXT 釣りのウキの種類:棒ウキ (商品例「ウキ釣り超入門セット・棒ウキ」)