釣りの種類を知ろう!オモリやラインの種類をご紹介

釣りのロッドの種類:渓流竿 (商品例「リバティクラブ渓流竿」)

Amazonで見る

渓流竿は、その名の通り渓流釣り用のロッドです。渓流釣りは、足場が悪く、水の流れが速いのが特徴です。そのため、頑丈さと軽さが求められます。紹介した「リバティクラブ渓流竿」は、コンパクトにしまい込める小継竿です。

釣りの種類を知ろう!道具編|リール

リールとは、釣り糸を巻き上げるための道具です。「巻き上げられる釣り糸の長さ・太さ」「釣り糸を巻き上げる力の強さ」「リール自体の重さ」といった様々な要素によって、そのリールに向く釣り方が変わってきます。

釣りのリールの種類:スピニングリール (商品例「ジョイナス3000」)

Amazonで見る

スピニングリールは、細い釣り糸を巻くのに向いています。巻き上げる力は決して強くありませんが、そのぶん糸が絡みにくく遠くまで投げやすいという特長があります。したがって、投げ釣りのような釣り方をするのに向いているリールです。紹介した「ジョイナス3000」は、リール自体が軽量なのでビギナーでも幅広く使えるのが長所です。

釣りのリールの種類:ベイトリール (商品例「ハニービュー」)

Amazonで見る

ベイトリールは、太い釣り糸を強力に巻き上げることのできるリールです。その一方で糸が絡まりやすいため、遠くまで投げるのにはコツが必要です。ルアー釣りで近場の大物を狙うような場合に向いています。紹介した「ハニービュー」は、スプールが滑らかに回転するように設計されているので、比較的扱いやすいベイトリールです。

釣りのリールの種類:両軸リール (商品例「ダイワ両軸リール」)

Amazonで見る

両軸リールは、スプールがボディの内部に格納されています。糸を巻き取る力が強いという点はベイトリールに似ていますが、指の使い方が変わってくるため、自分が扱いやすいリールを選びましょう。紹介した「ダイワ両軸リール」は、防さび加工がされているので、船釣りでポイントの真上から大物を狙う釣り方に向いています。

釣りのリールの種類:フライリール (商品例「ソード」)

Amazonで見る

フライリールは、フライフィッシングに特化したリールです。糸巻き性能よりも軽量性を重視しています。そのため非常にシンプルな外観をしています。紹介した「ソード」は、アルミニウム合金で作られており、軽量性と頑丈さを両立したフライリールです。

NEXT 釣りの種類に合った道具を選ぼう