キャンプの荷物の悩みを解決!まとめ方や持ち運びに便利なアイテムをご紹介!

テントに料理用の調理器具や寝袋などなど、キャンプには沢山の道具を持って行かなければなりません。そうなると、持ち運びの仕方にも気をつけざるを得なくなります。そこで今回の記事では、キャンプで役立つ荷物のまとめ方やおすすめグッズなどをまとめました。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

キャンプの悩みの種である荷物

キャンプではどうしても荷物は多くなりがち

車でキャンプ場へと行くのにまず問題になるのが、キャンプの荷物の積載です。大きいものだとテントなどの住居系のもの、テーブルやいすなども必要ですし、小さいものであれば調理した料理のために皿やカトラリーなども持っていく必要がある方は荷物に追加されます。そうなると、どんどんと持っていく荷物が増えていってしまいます。

キャンプ用品はコンパクトにまとめたい

キャンプで使うものだけを荷物にしているつもりなのに、車に積んでいたらいつの間にかいっぱいいっぱいになってしまっているということもあり得ます。これをどうにかしてコンパクトにまとめることができれば、当然余裕が生まれますので多少余分なものも積め、何よりスッキリとした見栄えになります。

なるべく荷物は最小限で

もしキャンプを快適に満喫したいのであれば、持っていく予定の荷物は考えうる限り最小限に収めることから始めましょう。持っていく荷物自体の量を少なくすることができれば、キャンプ場に到着したときの準備も相応となり効率よく設営などを行えます。まずは持っていく荷物を見直してみましょう。

どうやってキャンプの荷物をまとめるか

ベルトコンテナを使用

それでは、具体的にどうキャンプ道具をまとめるかについて、方法をご紹介しましょう。まず1点目は、ベルトコンテナという道具を使用するというものです。ベルトで荷物を固定、または肩にかけて持って行け、使わないときには折りたたんでおけるのでかさばることなく荷物を収納しておけます。

マルチコンテナの使用

2点目はマルチコンテナを使用する方法です。ベルトコンテナは非使用時に折りたたむことができますが、デメリットとしてふたがないというのが挙げられます。マルチコンテナならばジッパーなどで蓋をでき、積むときは重ねて置けます。サイズごとに入れるものを分けておけば現場でも使いやすいでしょう。

木箱を使う

3点目は木箱で荷物をまとめる方法です。前述の2つよりも頑丈な作りになっていますので、荷物を入れて運べるのはもちろんのこと、キャンプ場でテーブルなどとしても使えますので持っていく荷物を減らすのにもつなげられます。また木製なので自然の中で行うキャンプではオシャレに決まるというのも魅力です。

キャンプで荷物を減らす方法①コンパクトなギアを使う

NEXT キャンプで荷物を減らす方法①コンパクトなギアを使う