キャンプの荷物の悩みを解決!まとめ方や持ち運びに便利なアイテムをご紹介!

キャンプで荷物を減らす方法①コンパクトなギアを使う

小さめのアイテムで荷物を減らす

荷物を収納しておくアイテムの次は、荷物自体をコンパクトなものにすることで減らすというものです。荷物の量を減らすことを重視したいのであれば、これからご紹介するようなローチェアやローテーブルなど、背の低めのものをチョイスすると効果を得られますのでおすすめできます。

ヘリノックス「チェアワン」

Amazonで見る

1点目はヘリノックス「チェアワン」です。使用時のサイズが幅52×奥行き50×高さ66cm、収納時は35×10×12cmと小型の一人用チェアで、組み立てて使うモデルなので収納するときはとてもコンパクトにしておくことができます。145キロまで耐えられる頑丈な作りです。

DOD「ウルトラライトテーブル」

Amazonで見る

チェアの次はテーブルです。DODの「ウルトラライトテーブル」は820グラムと非常に軽量、かつ30キロの耐重量となっていて、収納するときは天板でくるんでまとめられるモデルです。フレームに超ジュラルミンを使っており、使用時は57×41×42.5cm、収納サイズが7×57cmです。

ロゴス「ピラミッドグリルコンパクト」

Amazonで見る

3点目はたき火グリルで、ロゴスの「ピラミッドグリル」を紹介します。用途はたき火とバーべキュー、そしてダッチオーブンを使った料理にも使え、重量が1キロほどと軽量で持ち運びやすいものになっています。ロゴス製のピラミッドグリルでは最もコンパクトなモデルです。

キャンプ荷物を車に積むときのポイント

車に積むときはポイントを押さえて

持っていく荷物をコンパクトにできたのならば、それらを実際に車に積むときのポイントをご紹介しましょう。よく起こってしまう積載の失敗談として、荷崩れしてしまうというのがあります。

トランクを開けると同時に荷物が外へあふれてしまっては余計な処理作業がかかりますので、事前に積載方法を知っておきましょう。

重量のあるものは下

まず、重い荷物は下、つまり最初に積みましょう。これを上に置くと下の荷物を圧迫してしまいますし、揺れた時に落ちてきてしまう可能性が高くなります。最初に入れておくとそれらを回避できますから、大きくて重く、上に物を置いても問題の無いようなものから入れていきましょう。

NEXT クーラーボックスは手前