スノーピークがほこる万能ペグ、ソリッドステークの魅力を大解剖!

従来までの概念を変えたといわれる最強鍛造ペグがソリッドステークです。このスノーピークが誇る万能ペグが高い支持を受け続けています。タープやテントの設営では欠かせない、人気抜群のソリッドステークの特徴や魅力を大解剖しています。

この記事をかいた人

為せば成る・・・? 一つ一つお世話します!

ペグの基本知識?

キャンプの初心者の方には耳慣れないペグですが、なくてはならないものの割に基本知識?が知られていません。タープやテントの設営では欠かせない、縁の下の力持ちのペグについて順次解説します。

ペグとは?

タープやテントを設置した際に、固定のために打ち込む杭のことです。キャンプする所の土質や地面の強度によって、数種類を使用するのが一般的です。より地面に似合ったペグを使うことが、安全や安心のために必要となります。

ペグが抜けるとどうなる?

風圧によってテントやタープが受ける力は相当なものになります。こういう時にペグが抜けてしまうと、飛んで来る危険があります。テントやタープの倒壊も大変ですが、勢いをつけて重たいペグが飛んでくると凶器のようになります。

ペグの長さは何センチがベスト?

色々な考え方がありますが、基本的にはテンションがかかる箇所ほどしっかり固定します。長ければ長い程抜けにくいですが、大きく重くなってきます。こうなると設営の際の手間が増えるので、必要最低限の長さで済ませたいところです。

一般的に言われているところでは、テントの場合は15-20cmとされています。またタープの場合は風圧に耐えれるように30cm以上とされています。もちろん一般的に言われるペグの長さの他、地面の質や形状によって違いが出てきます。

ペグの種類

種類も長さだけでなく、素材や形状などで様々に分かれています。抜けにくいというのがペグの基礎となります。打ち込むフィールドを除いて考えると、抜けにくさは素材や形状と長さによって変わってきます。各種見ていきましょう。

プラペグ

低価格が特徴のプラスチック製のペグになります。硬い地面での使用は困難で、砂浜を除くと推奨されるところはありません。逆に言えば砂浜にテントの設営を考える際は、最初に考えておきたいペグとなります。

ピンペグ

一般的にクエスチョンマークのような形のアルミ製ペグです。軽くできているので、取り扱いは楽になりますが曲がり易いのが欠点です。少し硬さがある地面では使い勝手が非常に良く、一般的な芝生のキャンプ場で使用します。

スチールペグ

NEXT スチールペグ