ワカサギ釣りをはじめよう|氷上の魅力や必要な道具をご紹介

冬に最盛期を迎えるワカサギ釣りは、爆釣りもできると話題を呼んでいます。この記事では初心者の方がワカサギ釣りを始めるにあたって必要な情報を網羅してあります。この記事では必要な道具や釣り方のコツなどについてご紹介します!

この記事をかいた人

か弱きアウトドアファン。もう少し体力をつけて、ディープなアウトドアにも挑戦してみたいです。気軽にアウトドアを楽しんでもらえるように、分かりやすい記事を作成できればと思います!

ワカサギ釣りをしよう

一度は釣ってみたい魚といえば、これからの季節やっぱり「ワカサギ」ですよね!氷に穴を開けて、竿を垂らす様は、ほかの魚釣りとは一風違ったユニークなスタイル。ですが、釣り方が特別難しいわけでもなく、初心者でも挑戦し易い魚です!

ワカサギについて

分類は、キュウリウオ目キュウリウオ科。日本の内湾や、湖などに生息している冷水性の魚です。漢字では、公魚・鰙・若鷺などと書きます。また、別名でアマサギ・オオワカ・コワカ・サイカチ・サギ・シラサギ・シロイオ・メソグリなどと地方によって呼び方が変わる事もあります。

ワカサギの特徴

成魚だと15cmほどの大きさ。細長い体に、小さめのヒレが付いています。背ビレは腹ビレより後ろの方に付いており、背ビレの後ろには小さなあぶらビレが付いています。よく間違われやすいチカという魚は、背ビレが腹ビレの前に付いているため、この点で区別ができます。

ワカサギの生態

成長期に川から海に帰る遡河回遊型と、一生を淡水で過ごす河川残留型がいます。産卵期は冬から春。遡河回遊型は、産卵期になると群で河川を遡り、水草や水中の枯れ木などに卵を産みつけます。ケンミジンコやヨコエビ、魚卵や稚魚などを食べる肉食性です。

ワカサギ釣りの魅力

冬の風物詩ワカサギ釣り。氷に穴を開けて竿を垂らす昔ながらの釣り方や、暖かい室内で釣りが出来るドーム釣り、ボート上から竿を垂らすボート釣りなど、様々な釣り方があるのも魅力的ですね。竿は小型で持ち運びがし易く、魚も小ぶりなので、調理などもやり易いです。

ワカサギは食べてもおいしい

釣って楽しい、食べて美味しいのがワカサギです。中でも氷上でそのまま揚げて、アツアツで食べる天ぷらは格別。自分で釣った食材を、新鮮なうちに食べられるなんて、この上ない贅沢ですね!また淡白な白身は、一夜干し・煮物など、どんな味付けでも合うので、様々な料理に仕上げることが出来ます。

ワカサギは爆釣りができる

群れで行動する習性があるため、一度かかるとあれよあれよと言う間に、爆発的に釣れる場合があります!竿を上げれば同時に何匹も掛かっている!なんてことは珍しくありません。チャンスが巡ってくれば、今までにない大漁を経験することが出来ます。

ワカサギ釣りの種類

NEXT ワカサギ釣りの種類