コールマンのクイックアップドームは最新技術「ダークルーム」搭載!魅力を徹底解説

2018年に新発売されたコールマンのテント「クイックアップドーム」が今売れています。人気の秘密は、コールマンの最新技術「ダークルームテクノロジー」が凄いからです。今回はその素晴らしい技術と「クイックアップドーム」の魅力を同時に解説していきます。

この記事をかいた人

イケるなら骨まで食べるよ、焼き魚。 お魚大好きボナパです。
読んでくださってありがとうございます。

クイックアップドームに採用された「ダークルームテクノロジー」とは?

遮光性に優れた素材を使うことによってテント内に日光がもたらす温度上昇を極限に減らすことが可能となった技術のことです。2018年のグッドデザイン賞にも受賞されています。ユーザーに快適なキャンプ生活を送ってほしいというコールマンの真摯な思いが評価された結果となりました。

コールマンの最新技術「ダークルームテクノロジー」は日光を90%以上ブロック

特殊素材を使用することによって日光を90%以上もブロックしてくれるので、日中であってもカーテンを閉め切った室内とほぼ同じ暗さを実現することができます。従来のテントでは日の出とともに室内が明るくなり徐々に温度も上がっていましたが、コールマンのダークルームテクノロジーによって日の出を過ぎ正午になったとしても室内が明るくなることはありません。

「ダークルームテクノロジー」は暗いだけじゃなく涼しい

オフホワイトカラーのフライシートは熱を吸収しませんし、ダークルームテクノロジーが日光を遮断してくれるので室内の気温が上がりにくくなります。

サイドアンダーと上部のフライトップベンチレーションから空気の循環を行えばさらに熱がこもりにくくなるでしょう。一般的なテントよりも最高で13.5℃も温度差がでるほど室内が涼しくなります。

暗くて涼しいテントはこんなに快適

蒸し暑い夏のキャンプは、たとえ朝晩は涼しかったとしてもすぐに日光の恩恵がじわじわとキャンパーに襲い掛かってきます。オートキャンプ場のような整備された場所では日陰を探すのも一苦労でしょう。

そんなときにダークルームテクノロジーのクイックアップドームがあれば、ポンっと簡単に設営するだけで快適な空間が手に入るのです。

クイックアップドームの魅力はこれだ!

クイックアップドームとはコールマンのテントでコンパクトシリーズの一つです。ポップアップテントやワンタッチテントの種類に分類され、少しのアクションでテントを設営することが可能です。

一般的なテントと違って、ポールなど複雑に組み合わせる必要がないため初心者にも簡単に設営することができます。またコールマンというネームバリューもさることながら、コールマンらしくないオフホワイトに赤いラインのカラーがまたお洒落です。

クイックアップドームはダークルームテクノロジーで暗いからぐっすり眠れる

ダークルームテクノロジーを使用しているので、クイックアップドームの室内はランプを使用しなければ作業できないほどの暗さがあります。急遽、体調不良で横になる必要が出たり、夜に活動するため日中に睡眠をとっておきたい人など、ダークルームのおかげでしっかり熟睡することができるでしょう。

問題があるとすれば、朝でも光が入らないので寝過ごしてしまう可能性があるぐらいでしょうか。それも、クリアルーフウインドウという天窓があるので開けておけば外から光を取り入れることが出来るので問題でもないですね。

クイックアップドームは涼しいからクーラーBOXにもやさしい

日中の荷物置き場としても最適で、クーラーボックスを保冷剤を入れて日陰に置くよりもクイックアップドームに入れておけば、気温が外よりも涼しくなるので長く冷たさを保つことができます。また、いまやどこにでも持っていけるタブレットやPCなどの精密機器は熱に大変弱いので中に置いておけば安心でしょう。

耐水圧も十分にあります

NEXT 耐水圧も十分にあります