イシモチとはどんな魚?料理のレシピや捌き方をご紹介!釣り方も!

イシモチの捌き方③内臓の処理をする

よく切れる包丁であれば、頭に切れ目を入れた時点でほぼ切り離されているので、内臓と一緒に落とすのがおすすめです。そうすれば内臓を不必要に傷つけて、臭みが出るのを避けることができます。その後は包丁の先で血合いの部分に切れ目を入れます。

イシモチの捌き方④水洗いをする

ここで初めて水洗いをします。水を張ったボールに魚をつける、もしくは流水でゴシゴシ丁寧に洗いましょう。後で水気を取る際に、布巾に血や汚れがつかないくらいに丁寧に洗います。血合いの部分は特に血が残らないようにしておきましょう。

イシモチの捌き方⑤3枚におろす

まず腹から、中骨に沿って少しずつ包丁を入れていきます。ある程度進んだら、次は背中の方から中骨に沿って包丁を入れます。その後、尾ひれの手前で、向こう側まで貫通させた状態で、刃をこちら側に向けて包丁を入れ、尾ひれを手で押さえ一気に包丁を頭の方までずらします。逆も同じようにします。

イシモチ料理の作り方|ムニエル

3枚におろしたら、刺身にするか加熱するか迷うところですが、何匹か釣れているのであれば、メニュー1つとしてムニエルがおすすめです。白身魚の定番と言っても良い調理法ですが、とても美味しく仕上がります。

イシモチのムニエルは多めのバターがポイント

身はホロホロとしていて柔らかく、淡白な味なのでムニエルに向いています。美味しく仕上げるコツは多めのバター。バターをたっぷり溶かして、身にバターをかけながらじっくり火を入れることでコクのある味わいになります。

イシモチのムニエルの作り方

切り身に軽く塩コショウをします。小麦粉を両面につけたら、身が半分浸かるくらいのたっぷりのバターを温め、中火で焼きます。皮目をカリッと焼くのがポイントです。バターを焦がさないように火加減に気をつけながらじっくりと焼き上げましょう。最後に、風味づけの白ワインを大さじ1程度回しかけ、アルコールを飛ばしたら完成です。

イシモチ料理の作り方|さつま揚げ

かまぼこの材料として有名なイシモチは、練り物にぴったりの魚です。ある程度の小骨を抜いておくのがおすすめですが、自宅にフードプロセッサーがあれば、十分滑らかな練り物を作ることができます。

イシモチのさつま揚げには砂糖と塩を入れる

さつま揚げを作るときのポイントは、爆発防止の砂糖と粘りを出す塩を必ず入れることです。砂糖は味付けとしても、全体をまろやかに仕上げることができます。塩を入れると味が締まるだけでなく、粘りを出すので美味しいさつま揚げを作ることができます。

NEXT イシモチのさつま揚げの作り方