ヒイカの美味しいレシピ5選!釣り方から下処理まで徹底解説!

アオリイカ

ヤリイカ科アオリイカ属に分類されます。日本全国の沿岸で見られ、食用としてもとても人気です。胴長は40~50cmと大きいです。外見はコウイカと似ているといわれますが、甲は薄くて透明です。そのままでも甘味を楽しめますが、熟成すると旨味が濃くなります。旬は春から初夏です。アオリイカに関する記事はこちら。

ヤリイカ

ヤリイカ科ヤリイカ属に分類されます。沖縄以外の日本全国の沿岸に生息しています。黄海・東シナ海にも生息しています。旬は冬から春にかけてで、見た目も美しく、食用としても古くから人気があります。胴長は20~40cmでオスの方が大きいです。甘味は控えめですが、上品な味わいが楽しめます。ヤリイカに関する記事はこちら

コウイカ

コウイカ科コウイカ属に分類されます。別名スミイカとも呼ばれています。関東より西、東シナ海や南シナ海に生息しています。特に瀬戸内海・三河湾・九州が産地として有名です。胴長は17cm程度です。冬から春にかけてが旬で、身が厚く、濃厚な甘味が特徴です。コウイカに関する記事はこちら

ケンサキイカ

ヤリイカ科ケンサキイカ属に分類されます。青森以南から九州までの沿岸部に生息しています。生まれた時期や生息域によって体型が変化して3種類に分類されますが、遺伝子上は全て同じ種類になります。胴長は35cm程です。種類にもよりますが、旬は夏から初冬です。濃厚な甘味と旨味が揃った高級イカです。ケンサキイカに関する記事はこちら

ホタルイカとはどう違う

小ぶりなイカというと、ホタルイカを思い浮かべる人も多いでしょう。ホタルイカはヒイカよりもスーパーで見かける機会も多いです。ホタルイカも小ぶりなイカですが、ヒイカとは違いがあるのでしょうか。ホタルイカについてもご説明いたします。

ホタルイカの生態

ツツイカ目ホタルイカモドキ科に分類されます。世界中にホタルイカの仲間がいて、その数は40種類もあります。日本では日本海全域と太平洋側は一部の地域に生息しています。普段は水深200~600mで泳いでいます。ホタルイカは胴長7cm前後とヒイカよりもさらに小さいです。

NEXT ホタルイカはなぜ光る