ヒイカの美味しいレシピ5選!釣り方から下処理まで徹底解説!

ホタルイカはなぜ光る

ホタルイカは発光することから、その名が付けられたといわれています。発光のメカニズムはルシフェリンという物質が、発光酵素であるルシフェナーゼと化学反応を起こすことで発光します。ホタルイカはこのルシフェリンとルシフェナーゼを持っているのです。

釣りの基本は網

ホタルイカも実は釣ることができます。とはいえ、1匹ずつ釣るのではなく、タモ網で掬うのです。富山の風物詩でもあり、3~6月の時期に漁港から掬うことができます。この時期で風や波がないときは、ホタルイカが水面まで上がってきます。懐中電灯の明かりを水中に向ければ大量のホタルイカが寄ってきます。

食べ方は色々ある

ヒイカ同様に、食べ方は色々あります。生食なら沖漬けにするのもお勧めですが、一般的には酢味噌和え、天ぷら、炒め物、アヒージョ、パスタなど加熱調理をして食べることが多いです。刺身にする場合は、必ず内臓は取り除いてください。

イカの栄養素

イカってコレステロール値が高いから控えようと思っている方もいるでしょう。ヒイカに限らず、イカは私たち日本人にとってはとても身近な食材です。実は栄養が豊富に含まれている健康食品なのです。

高たんぱく低脂質

筋肉や骨になるたんぱく質が豊富に含まれています。脂質は魚介類の平均である5%をさらに下回り、約2%と低脂質になります。歯ごたえもあり、実は消化率も良いので、ダイエットにも最適です。

タウリンが豊富

代表的な栄養素であるタウリンはアミノ酸の一種で、コレステロール値や血圧を下げる効果があります。また栄養ドリンクにも含まれている成分になり、疲労回復や滋養強壮にとても効果的なのです。

ビタミン・ミネラルが豊富

体内では貯蔵することのできないビタミン・ミネラルを多く含んでいます。特に糖質・脂質・たんぱく質の代謝を促すビタミンB群、抗酸化作用のあるビタミンE、免疫力向上の効果がある亜鉛が豊富に含まれています。

手軽なイカ釣りを楽しもう

いかがでしたでしょうか。ヒイカはイカの中でも手軽に釣ることができ、調理方法も簡単です。栄養素も多く含まれているため、積極的に摂取したいものです。日本全国どこでも、誰でも釣ることのできるヒイカ。ぜひ、皆様もヒイカを釣って、美味しく食べてみてください。

NEXT アオリイカに関する記事はこちら