ニゴイの生態や料理についてご紹介!実は飼育もできる?

ニゴイと一緒に釣れる魚

ニゴイを目当てに釣りをしていると、ブラックバスや鯉、ナマズが釣れることもあります。さまざまな魚を同時に楽しめるのが、ニゴイ釣りの醍醐味でもあります。いつもは脇役になりがちなニゴイですが、あえてニゴイをターゲットにすることで、その他の魚の新しい側面が見えてくるかもしれません。

ニゴイの食べ方

ニゴイの味

ニゴイは、シコシコとした食感が特徴で、泥臭さはあまりありません。昔はヒラメの代用品として出荷されることもあったようで、特に、よい水質に住むニゴイはおいしいと言われています。現在市場に流通することはほとんどありませんが、滋賀県の一部の地域では、食用として安く流通しています。

ニゴイの栄養

ニゴイの身は、DHAやEPAが多く含まれており、肉質は良質なタンパク質です。DHAは、動脈硬化の予防に効果があると言われ、近年注目を集めている栄養素です。DHA・EPAは、健康な生活に欠かせない重要な栄養素ですが、人の体内では生成できないため、食べ物で補う必要があります。マグロなどの青魚に多く含まれていますが、実はニゴイもこれらの栄養素を多く含む魚です。

ニゴイの捌き方

ニゴイの捌き方は、鯉とほぼ同じです。生きている場合は暴れるので、まず気絶させてから捌きます。3枚におろして内臓を取り除きますが、この時流水でよく洗うことで、臭みを抑えることができます。その後皮を引きますが、皮はかなり固いので注意が必要です。ニゴイは小骨が多いので、しっかりと骨切りをした方がよいでしょう。

ニゴイの料理

揚げ物がおすすめ

ニゴイは小骨が多いため、唐揚げとして食べるのが一番食べやすく、またおいしく食べることができます。作り方は簡単で、3枚におろして骨切りしたニゴイに、醤油、酒、しょうがで下味をつけ、片栗粉をまぶして揚げるだけです。小骨や臭みもほとんど気にならず、ニゴイの味を楽しむことができます。レモンやゆず、ネギなどの薬味を添えることで、お酒にも合う贅沢な一品料理が完成します。

さまざまな調理方法

揚げ物だけでなく、煮込みや天ぷら、塩焼きにする場合も多いようですが、小骨が多いため敬遠する人もいます。もちろん刺身として食べることもできますが、その場合は寄生虫に十分注意しましょう。また最近では、すり身を団子にして鍋にいれたり、アヒージョにして食べるといった方法もあります。

もともと味はよいので、「小骨が多い」という問題さえ解消されれば、調理の幅が広がります。すり身にする、油で揚げるといった工夫を加えることで、よりおいしくニゴイ料理を楽しむことができます。

ニゴイの飼育

実は、ニゴイは飼育することもできます。

NEXT 鑑賞魚としてのニゴイ