バス釣り初心者のためのタックルや基礎知識まとめ!釣り人はバス釣りに魅了されていく

夏は春と違い水温が高くなっていくので暑さを避けるために流れ込みや日陰や深いところにいることが多いです。春に産卵して体力が落ちているので身を寄せることのできる木の陰などにいることが多く、少しでも水温が低い場所を求めて居場所を見つけています。夏は水温が上昇する日中よりも早朝や夕方から夜によく活動するといわれています。

秋は広範囲にいてるとされています。冬にむけて食欲も増す時期っですが餌を求めるために広い範囲を散って動くので居場所の推測が難しい時期になります。残暑が残るころは水温が低そうな場所にいてる可能性が高いです。水温安定してくるといよいよ餌を求めだします。この時期にいろいろな場所に散って回遊します。秋は水温が安定しているので日中につれますが天気の変化も激しいので気温を確認して狙う時間を考えてください。

冬は気温の低下と同じように水温も低下していきます。バスの活動も低下していきます。冬が一番バス釣りには難しい時期といえます。しかし、冬大型のバスが釣れる時期とされています。大型のバスは体力があるため日中の天気がよく気温が高いと体力維持のため餌を求めます。そんなバスを狙うことをおすすめします。冬は水温の安定している深い場所や晴れている日は水温があがりやすい浅いところにいようとします。冬は日中が基本的におすすめです。一番気温が高くなりやすい14時ごろがいいとされています。天気のいい晴れた日にぜひ大物を狙いに出かけてみてください。

バス釣りをするためにバスの釣り場(ポイント)を知ろう

バスの釣り方をマスターするためにはバスの居場所、バスの釣り場(ポイント)を推測することも重要です。一つ目は水の流れ込む場所を好みます。流れ込みにはベイトフィッシュポイントが多くく、バスはそれを求めて流れ込みにやってきます。ベイトフィッシュはバスの餌となる小魚、エビやザリガニ、ミミズ、カエル、虫などが多く集まるエリアになります。二つ目はワンドであり、湖や川でえぐれている場所をしめし、水の流れが安定している場所です。他には水面からでている木の杭、浅橋、護岸、ハスなどの水草で水面が覆われているカバー、水面に木々が覆っているオーバリングに身を寄せているといわれています。バス釣りが一番行いやすい時期は春ですがバス釣りはどの時期も楽しめるスポーツです。バス釣りとは居場所を推測しることも楽しみの一つです。是非、障害物を探してみてください。

バスの釣り方

バスはどのように釣るのでしょうか。バスの釣り場(ポイント)を知り、その場所に向かって投げます。バスは水草や杭などの障害物に身を寄せていることが多いのでその場所を目指して、そっと着水させてください。そのまま何もせず、動かさずの状態を保ってください。ちょっとした刺激が伝わてくるときもあれば、重さを感じるときもあれば様々です。一度バスがかかると引きが強いため口から針が外れて逃してしまうこともあるので暴れさせないようなテクニックも重要になります。

バス釣りのタックルの選び方

種類

タックル(道具)には二種類あります。釣り竿よりリールが下についているスピニングロッドとスピニングリール、釣り竿よりリールが上についているベイトロッドとベイトリールがあります。初心者には釣り竿よりリールが下についているスプニングロッドとスプニングリールをおすすめします。釣り竿よりリールが下についていると糸が絡むなどのトラブルが起きにくいです。バス釣りとは適切なルアーを選択することも必要なので、7㎏以上のルアーを使用する場合もあります。その時は釣り竿よりリールが上についているベイトロッドとベイトリールが必要になります。自分がどんなものを釣りたいかによって使用するリールは異なります。

ロッドの長さと硬さ

ロッドメイン素材はカーボンやグラスになります。カーボンは軽くて感度が高いとれており、グラスは重くて感度が悪い反面粘りがあるという特性を持っています。ロッドには長さがあり、様々な長さがあります。自分の身長と同じ長さか少し長めのものをセレクトするのをおすすめします。ベイトロッドで6フィート6インチ~7フィート、スピニングロッドで6~6フィート6インチ程度がおすすめです。短いロッドは取扱いやすいですが飛距離がでにくい特徴があります。長ロッドは飛距離はでますが初心者には難しいとされています。ロッドの硬さの種類はUL :ウルトラライト L :ライト ML :ミディアムライト M :ミディアム MH :ミディアムヘビー H :ヘビー
XH :エクストラヘビー の7種類ありますが 中間の硬さであるミディアムや少し柔らかいミディアムライトをおすすめします。

NEXT リールの選び方