バス釣り初心者のためのタックルや基礎知識まとめ!釣り人はバス釣りに魅了されていく

リールの選び方

スピニング、ベイトリールの選択で迷う方や特にこだわりのない方はスピニングをおすすめします。糸が絡むトラブルもおきにくく、飛距離も出やすいとされています。また簡単にハンドルを受けかえることができます。 バス釣りでは2000番台と 2500番台の二種類のリールを主に使用します。 番台が高いほうがライントラブルは少ないですがその分、重量も増すので2000番台のリールのほうが小さいため疲れにくく扱いやすいためまず最初の購入としてはおすすめできます。

バス釣りラインの選び方

バス釣りとは時期や時間によってバスの居場所を考えることも楽しみの一つであるため、狙う場所によってラインの使い分けも必要とされることがあります。ラインはナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインの三種類が主に使用されます。特徴を説明していきます。ナイロンラインはバス釣り初心者におすすめします。他のラインと比べてトラブルが少ないラインです。浮力のあるルアーに向いていますが浮力があるためルアーを深く沈めるような釣りには向かないラインです。フロロカーボンはナイロンラインと比べて比重があるため水に沈ませることができます。伸びにくく摩擦に強いためバスが寄り添っている障害物にアプローチするにはこの特性を生かすことができます。摩擦に強いぶん、ハリが強いので収まりが悪くトラブルに繋がりやすいのが欠点となります。PEラインはポリエチレン繊維を複数、編み込んで作っているため、感度が高く、浮力も高いラインです。しかし摩擦に弱いため岩や枝で切れてしまう可能性があります。バス釣りのラインパッケージには「lb」、「#」、「ⅿ」が記載されています。「lb」はポンド、強度をしめしています。「#」は太さ、「m」は長さの表記になります。

バス釣りのルアーの種類

バス釣りとは適切なルアーを選ぶことも楽しみの一つです。時期によってルアーの選択は変わってきますがルアーには主にハードルアーとソフトルアーの二種類があります。どちらにも特徴があり、少しづつ揃えていってください。バス釣りのルアーの種類が多く、ルアーを選ぶことも楽しみの一つです。ハードルアーはハードという名前の通りに硬い素材が多く、金属やプラスチックで作られています。ソフトルアーはやわらかいプラスチックの素材で作られたものです。ソフトルアーのほうが釣りやすいとされていますがハードルアーもコレクションされている人もいます。ハードルアーは見た目が気に入ったものを一つ、ソフトルアーは何種類か実用性のあるものを購入してはどうでしょうか。浮力が強く、水しぶきをあげて動くポッパー。浮力強く首を動かすペンシルベイト、小魚をイメージして作られたミノー、ミミズに似たような形をしたワームなどたくさんの種類があります。

バス釣りのフックの重要性と種類

バス釣りにとってフックの重要性は高い。フックがあるからこそ魚をひっかけることができます。多くの種類のソフトルアーに対応できるのがオフセットフックです。オフセットフックには大きいワームとよく合うワイドオフセット、スリムなルアーに適しているスリムオフセット、コイルでルアーと止め、シャッド系ワームに適しているツイストロックフックがあります。他に障害物がないエリアで使用しやすいマスバリ、強めのフッキングにも対応できるストレートフック、おもりがついているジグヘッドフックなど様々な種類があります。またフックのサイズもあり、ワームと合わせて購入していきます。実際にお店に行って、フックを見てみて自分のバス釣りにあったフックを見つけてください。

バス釣りの仕掛けの種類

仕掛けには種類があります。基本とされるのはノーシンカーリングです。おもりを使わずにフックとワームだけを付けます。一番シンプルな仕掛けがノーシンカーリングです。ノーシンカーリングより重さがあるあめ幅広い場所をさぐることができるのがジグヘッドリグです。これはフックとシンカーが一緒になっているものです。初心者でも使用しやすいものにスプリットショットリグというものがあります。これはおもりの中心部に切れ目があり、自然な動きをするので扱いやすいです。飛距離も出すことができるし、水の抵抗もあまり受けないダウンショットリグはラインの途中にフックがあり先端におもりがあるという特徴を持っています。大きいバスを釣りたい人におすすめといわれているキャロナイリグもあります。たくさんの仕掛けの種類があるので釣りたいバス、狙いたい場所によって仕掛けの種類も変えていってください。

バス釣りにあったら便利なもの

バス釣りとはアウトドアのスポーツです。日中は水面に光が反射して魚の位置がわかりにくいので偏光サングラスがあれば便利です。日射病や日焼けから守るための帽子も必需品です。夏の日差しの強い時期は日焼け対策は重要になります。薄いラッシュガードやネックガードが役に立ちます。他にロッドを持つ手も安定するし木などを掴むときに怪我しないように手袋、糸を切るときのハサミ(釣り具専用)、魚から針を外すときに使用するプライヤーがあれば便利だと思います。
他に小物を入れとけるタックルボックスやウェットティッシュ、地図や絆創膏などあれば役に立つと思います。

まとめ

バス釣りとはとても奥が深いアウトドアゲームです。時期を問わず一年中楽しめます。道具を揃え、フィールドに出向き、バスの釣り方をマスターするためにバスの特徴、生態を知ってください。知れば知るほど奥深さを感じ、きっとバス釣りに魅了されていくと思います。地域ごとにあるマナーや釣りを行うマナーは守ってバス釣りを楽しみましょう。