カイワリの釣り方や料理をチェック!アジとは一線を画す美味しさ

カイワリの塩焼き、そのお味は?

刺身と同じように普通のアジより脂が乗っていて、それは美味しいと言われています。アジは焼くと少しパサパサ感がありますが、カイワリは脂が乗っているため、ほくほくして非常にジューシーです。

絶品カイワリ料理はアレンジレシピいろいろ

カイワリを使った料理はバリエーション豊かで、様々な食べ方を楽しむことができます。定番の刺身と塩焼き以外にも、焼カイワリの味噌汁や、カイワリの煮付け、ソテーや揚げ物にしても美味しいと言われています。

カイワリの煮付け

カイワリの煮付けはちょっと濃いめにするとよいそうです。レシピの1例では、カイワリ1匹に対して酒100cc、醤油大さじ4、砂糖大さじ4、みりん大さじ2で煮付ける」とありました。ごはんに煮汁をかけたり、煮汁につゆを足すのも良いそうです。

カイワリのサンガ

サンガというのはなめろうを焼いたもので、漁師町に多数存在している、いわゆる漁師料理の1つです。まずはカイワリをさばいて、香味野菜と一緒にたたき、なめろうにします。それを丸めて焼くとサンガのできあがりです。香味野菜は少なめにするのがポイントだそうです。写真はカイワリではなく、アジのサンガです。

カイワリを料理する時の注意点

カイワリは口の中にノエ(タイノエ)と呼ばれる寄生虫がつくことがあり、一説ではこれがカイワリの流通を妨げているとも言われています。しかし毒性はなく、取り除いて調理すれば問題ないそうです。ノエはエラの付け根に寄生しており、さばいている時に口の中から出てきますので、もしノエを見つけたら、引きずりだしましょう。 

まとめ

カイワリは脂の乗り方や味の上品さにおいて、アジとは一線を画す非常に美味しい魚です。またレシピのレパートリーもたくさんあり、料理も釣りも研究しがいのある魚と言えるでしょう。スーパーには並びづらい魚なので、ぜひ自分で釣って、味わってみて下さい。