シンキングペンシルのおすすめと使い方!青物・シーバス・ヒラメを釣ろう!

ソルトルアーで欠かすことのできなくなったシンキングペンシル。狙える魚も青物・シーバス・ヒラメと多彩です。シンキングペンシルの特徴や使い方を学んで釣果アップに繋げましょう!青物・シーバス・ヒラメといった魚種別のおすすめルアーもありますので参考にしてください!

この記事をかいた人

アウトドアが好きで、キャンプや釣りにもよく出かけます!キャンプグッズや釣り道具をお店に見に出かけることも多くあります。私がいいと思ったものはドシドシ紹介していきます。

シンキングペンシルとは

シンキングペンシルは、見た通りでルアー自体の受ける水抵抗が少なく、右に左にふらふらと揺れることによるアクションが特徴です。また、最近はボリューム感がある高さのある形状のものや、小さいリップを付いているものも発売されていて、操作性や飛距離に重きを置く場合に使用することが多いです。

シンキングペンシルの形状

シンキングペンシルの形状はペンシルベイトと同じですが、ミノーのようなリップがない細長い棒状のルアーです。リップがないために自然なアクションを演出できるために、警戒心を魚に与えずに誘いをかけられることができます。

リップがない利点とは

シンキングペンシルは、ミノーみたいな小刻みなウォブリングを起こしませんが、リップがなくても、ボディが水流の圧力を受けることで、リップではなくボディがウォブリング運動を引き起こします。

シンキングペンシルの基本アクション

シンキングペンシルは、ゆっくりと沈む特徴を生かし、フラフラと泳がせることで、様々なレンジが攻めることができます。狙う魚や、フィールドに合わせることが可能です。構造的には派手にアクションをできることは無いので、必要に応じたロッドワーク操作で演出します。

シンキングペンシルの特徴

シンキングペンシルの特徴は、重量がしっかりあることで飛距離が出ますし、スレた魚にもアタックしやすいです。リップ付きのミノーのように強い波動を活かして広範囲に魚を攻めるミノーのようなアピール力はありませんが、ナチュラルな波動を出すことができます。

魚の位置がイメージできているのであれば狙ったコースをルアーで泳がせてスレた魚をゲットする。そんなイメージで戦えます。

飛距離が稼げる!

シンキングペンシルは沈むタイプルアーなのでボディーが重いです。遠投中に空気抵抗となるカップやリップがなく、「飛距離」を出しやすい設定のルアーとなっています。岸から攻める釣りだと、どうしても飛距離が必要になってきますので、飛距離が重要なポイントですね。

スレた場面に強い

カウントを入れた中層攻略や着水すぐの表層直下など様々なレンジを探る事ができます。バイブレーションやミノーなどオーソドックスなミノーにスレた魚が多くいるスポットで大きく活躍します。細身であることからウナギの稚魚、虫類がベイトであっても反応が得られます。

オールシーズン使えるルアー

NEXT オールシーズン使えるルアー