筏釣りの初心者入門編!タックルや押さえておきたいポイントを紹介

筏釣り リール シマノ

1.5m前後の専用竿と専用リールです。昔のかかり釣りの黎明期には、その穂先で繊細なアタリが取れるものを自分で作る人が多かったそうです。現在では各釣り人の様々なニーズに応えた高い精度をもつものや、さらに高性能なメーカー製ロッドが出ていて入門者にも極めて容易になっています。

片軸タイプのリール

片軸タイプのリールは下向きにつけるため竿のバランスに優れ糸の出し入れもし易いので、初心者には向いているとされます。数センチ単位の糸の出し入れがたやすく微妙な操作がおこなえ、単純構造のものが多いのでトラブルも少ないことはメリットの一つです。

筏釣り リール ダイワ

筏からのダンゴ釣りで用いるリールでは、ダンゴの沈む速度を追っていくスムーズなスプールフリー性能が必須ともいえます。ダイワのBJイカダでは合計8個のベアリングを適所に配置することで、スプールの軽さもくわわり滑るかのようなスプールフリー性能を実現しています。

筏釣り ベイトリール

今でこそ下向きリールが主流ですが、昔でいうと小型のベイトリールを使用するほうがあたりまえでした。上向きの左巻きで良いのがあったというのもありますし上側に装着するのに慣れていた人が多かったというのもあります。もちろんいまでも使いなれたベイトリールタイプが良いという人もいます。

筏釣りに必要な道具

まずは筏釣り専用の竿が必要です、そしてリール、道糸、仕掛けですが「エサ」は最近は市販のダンゴも種類が豊富なので十分です。あとは取り込みにつかう玉網、バケツやタオルはもちろん長時間の釣行となるため座り心地のよいクッションはぜひ用意したいところです。

筏釣り 仕掛け

筏釣りの仕掛けは、数ある海釣りの仕掛けの中でもかなりシンプルなものになります。メインのラインから直に結んだ針にオモリを付けるだけの単純さです。ただこんな単純な仕掛けだからこそ、オモリの重さの調整やハリの大きさの調整などが重要となる奥の深い仕掛けです。

筏釣り 三重県

風を受けにくい地形でゆたかな自然に恵まれた三重県の鳥羽地方・伊勢地方・志摩地方には、数えきれないくらい多くの渡船屋さんがあります。 四季を通して真鯛やチヌ釣りが楽しる筏釣りをするにはもってこいの最適な環境が整っています。総じて渡船料がちょっと高めといわれる三重県ですが、探せば少し安いところもぽつぽつあります。

筏釣りの東海

海上釣り堀で知られる筏釣りの東海は、熱海から伊東方面へ10分ほどいったところにある網代港に浮かぶ人気の筏釣りスポットです。釣竿やエサ、クーラーなど無料貸し出しや渡船料無料(釣りをする人)など至れり尽くせりのサービスが光っています。

筏釣りの東海 口コミ

温泉につかりながら海釣りも楽しめると評判の筏釣りの東海ですが、大手旅行サイトの口コミなどをみても★は4-5と非常に評価は高くなっています。その口コミをみても家族連れでいき楽しかったという話が多く見えます。しかも釣った魚は持ち帰れるというところが、さらに喜びをますようです。

筏釣りの東海 調理

筏釣りの東海や熱海・網代で唯一海上で釣りの出来る釣り堀「海上釣堀太公望」もですが、もちろん釣り堀で釣った魚を調理してもらえます。また漁師屋大次郎丸も家族連れの楽しい釣りから本格派まで、有料ですが自分で釣った魚を美味しく食べられると評判です。

NEXT 筏釣り 和歌山