レジャーシートはおしゃれで機能的!選び方やおすすめ28選、人気の北欧デザインもご紹介!

厚手素材

湿気に強く丈夫な厚手素材のレジャーシートが種類も多彩に販売されています。厚手のものはクッション性が高いので人気がありますが、その分かさ張るので収納がしづらくなります。収納面のことを想定して選ぶのが、厚手素材のレジャーシートを選ぶときのコツになります。

薄手素材

昔から一般的なのが薄手素材のレジャーシートです。収納時もコンパクトに出来るのは良い面ですが、クッション性はあまりありません。また防水性なども不安になってきますので、素材や機能面はきちんとチェックして選ぶことが肝要です。

機能性をチェックしよう

レジャーシートは素材面もそうですが、機能性をチェックするのも大事になってきます。肌ざわりの良いものを選ぶばかりでなく、耐水性や収納面の機能的な面を調べるのが大切です。それでは細かく見ていきましょう。

防水、撥水性

なんといっても機能面で一番大事なのが、防水異性や撥水性といった水回りになってきます。水が染み出るなどは言語道断ですが、湿気が伝わるようなものは選ばないようにします。この機能に関しては先ず最初にチェックします。

コンパクトに収納できるか

収納面も大事な要素になってきます。コンパクトに収納できるかどうかは、持っていく際の荷物とも関係するので要チェックです。特に多人数で大きなレジャーシートを使用する場合は、収納は気にしたいところです。収納バッグが付いていると持ち運びもし易いです。

お手入れが簡単か

最近は撥水系素材などで、汚れても汚れを拭き取れるレジャーシートもあります。お手入れが簡単かどうかは大事な要素です。地面に直接敷くことが多いので、汚れ等が洗い流せたりするものも重宝します。

レジャーシートおすすめをご紹介!おしゃれな北欧デザイン

①NataX レジャーシート 北欧風

レジャーシート 厚手 防水 断熱 アルパカ 北欧風 子供 花見シートビーチマット 長方形 海辺シート スポーツマット性 運動会/キャンプ/花火大会 2人用 / 4人用 / 6人用 折りたたみ ピクニック シート 大判 携帯便利 海辺シート スポーツマット

Amazonで見る

スペック詳細

  • サイズ:142×147cm
  • 収納時サイズ:(約)22.8×30.5×4cm
  • 素材:表面:ベルベット、中材:高密度のスポンジ 、裏面:アルミニウムフィルム素材
NEXT 特徴や評価など