人懐こくて可愛いカカポ!飛べないオウムの不思議な生態を見よう!

世界で唯一飛べないオウム「カカポ」。カカポとはマオリ語で「夜のオウム」という意味で、その性格はとても人懐こく可愛らしいものです。カカポは現在絶滅の危機に迫られています。そんな人懐こくて可愛いカカポの不思議な生態をご紹介していきます。

この記事をかいた人

小さい頃から自然の溢れるところで生活しているので、アウトドア大好きです。小さい頃から両親と一緒に釣りはもちろんキャンプも行っていました。

飛べないオウム「カカポ」とは

さっそくこの子について説明していきます。別名フクロウオウムとも呼ばれます。この独特な名前はニュージーランドの先住民であるマオリ族の言葉です。この言葉の意味も後で説明するのでぜひご覧ください。

世界で唯一飛べないオウム

オウムと言ったら飛ぶのが当たり前と思っていませんか?この種類は世界で唯一飛ぶことができません。翼はありますが、体が重いことと、飛ぶために必要になる胸骨と竜骨が進化の過程でなくなってしまったからなのです。

夜のオウムと呼ばれている

名前にはきちんとした由来があるのです。これはニュージーランドに住むマオリ族の言語で「カカ」はオウム、「ポ」は夜という意味です。どうしてこのような名前が付けられたのか調べてみました。天敵は巨大な鷲だけでした。そこで鷲が活動する日中は隠れて休み、夜に活動するようになったのです。

その様子を見て昔のマオリ族の方が名付けた名前になります。夜に活動することで天敵に襲われることもなく先ほど説明した通り飛ぶのをやめてしまったのです。このように生活している間に翼よりも足の方が発達してしまったと言われています。

木登りが得意

先ほど説明した通り、進化の過程で足がたくましく発達したカカポは飛ぶのをやめた代わりに、木登りが得意になりました。両方の翼でバランスをうまくとりながら気に登ったりして生活しています。

カカポの生活と特徴

次は生活状況や特徴について説明していきます。意外な部分や納得するような特徴が分かると思います。かわいい特徴を知るとあなたもカカポの虜になってしまうかもしれません。ぜひ参考にしてください。

草食性である

草食動物に分類され色々な植物を食します。果実や花粉なども食べてしまうようです。特にリムの実を好んで食べる性質があるようです。ご飯を食べる時も特徴的な足を使っています。足で葉や実を掴み、くちばしで硬い部分のみ取り除き柔らかい部分を食べています。

とても長生き

オウムが一般的にでどれくらい生きるか知っていますか?ペットショップなどで販売されている子は寿命が40年ほどと言われています。しかしカカポは60年ほど生きると言われています。長寿の子だと95年近くも生きるのだとか。95歳というと人間でも長寿と言われると思います。動物界でも長寿に分類される生き物になります。

体から良い匂いがする

NEXT 体から良い匂いがする