根魚の種類ってこんなにいるの?どこよりも多くの根魚とその特徴、釣り方をご紹介!

根魚と一言で言っても、日本国内で釣り上げられる魚だけでも非常に多くの根魚が生息しています。そんなすべての根魚を紹介することはできませんが、食卓で並ぶような身近な根魚から、釣り人でないと見ることができないようなレアな根魚まで、一挙に紹介していきたいと思います。

この記事をかいた人

釣り・キャンプの記事を中心に書いています。

根魚とは?

そもそも根魚とは何なのかを見ていきます。根魚とは海底の岩や海底に生えている植物といった障害物の間や近くに生息していて、遠くの方へ移動したりしない魚の総称です。別名では「根付き魚」や「ロックフィッシュ」と呼ばれています。

日本にはこんなにも多くの根魚がいる!

魚の総称ということで根魚の中にも種類が存在します。根魚の種類は意外にも多く約50ほどの種類がいるのです。以下の記事で根魚の種類を紹介しますが、もしかしたら名前を知っている、見たことがあるという魚が根魚の種類に分類されているかもしれません。

根魚の種類をご紹介!

ここからはたくさんの種類のいる根魚の中から、一部の根魚を詳しく見ていきます。釣りや魚に詳しくない人でも知っているようなメジャーな魚から、ちょっとマニアックで聞いたことがないという魚までを幅広く紹介していくので一緒に見ていきましょう。

根魚の種類①カサゴ

こちらの根魚は誰もが知っている魚でしょう。刺身はもちろんのこと、唐揚げや煮付けといった、たくさんの料理に使われる魚です。実は体に毒を持っている種類のカサゴもいるため、扱いには注意しなければいけない魚でもあります。ちなみに別名で「ガシラ」と呼ぶ地方もあります。

特徴

カサゴの最大の特徴というと、体にある大きな斑点のような模様でしょう。赤っぽい色をしているものや黒っぽい色をしているものまでありますが、体にある斑点のような模様は共通します。この模様は皮膚がただれているように見えることから、漢字では「瘡」という湿疹の総称を意味する漢字を使って「瘡魚」と書かれることがあります。

生息地

生息地を見ていきましょう。日本では北海道から九州の日本海、太平洋沿岸といった幅広い海域に生息し、他には中国、台湾、朝鮮半島にも生息しています。水深は200mほどの深さまで生息しており、日中は天敵の目につかない隠れられるところで生活しています。

釣り方

釣り方は岩や植物といった障害物に隠れているため、テトラポットや堤防から狙うことができます。仕掛けは複数の針を使用する「胴付き仕掛け」、障害物に落として釣る「穴釣り仕掛け」、ポイントに直接投げ込む「ぶっ込み釣り仕掛け」があります。

根魚の種類②メバル

NEXT 根魚の種類②メバル