トーチバーナーで絶品料理を作ろう!おすすめトーチバーナー8選とレシピを紹介

コールマン コールマントーチ

コールマン コールマントーチ 170-8075 【日本正規品】

Amazonで見る

カセットボンベ式よりも火力が強い

時間がかかって面倒な火起こしも簡単にできます。着火スイッチや調節も簡単に調節可能。外気温にも影響されずにどのような状況でも強力な火がつきます。本格的なトーチバーナーです。

スペックor 詳細

  • サイズ: 約7×4.5×18cm
  • 重量: 約210g
  • 熱量: 約1,200kcal/h
  • 火炎温度: 約1,500℃

スノーピーク フォールディングトーチ GT-110R

スノーピーク(snow peak) フォールディングトーチ GT-110R

Amazonで見る

OD缶とCB缶どちらにも対応

折りたたんでコンパクトに収納できるトーチです。OD缶とCB缶に対応しているのでどちらにも使用することができます。火力も十分なので、簡単に火が起こせます。

スペックor 詳細

  • サイズ本体/277×73×205(h)mm、CB缶アダプター/φ40×28(h)mm
  •  最大出力3,500kcal/h
  •  セット内容:本体、CB缶アダプター、収納ケース

トーチバーナーの火力を保つには?

気温が極端に低いとトーチバーナーの火力が極端に落ちてしまいます。そのような状況下でもいざ使用したい時にどのように対処したらよいのでしょうか。ストーブなどでボンベを温めてよいのか説明します。

とにかく温めよう

ストーブでボンベを温めるのは絶対NGです。破裂してしまう可能性があります。対処法としては、たっぷりのぬるま湯にボンベを入れて、中の温度を上昇させましょう。または体温で温めるのもありです。事前に寒い時期に外で使用する予定がある場合は、登山用の寒冷地仕様のボンベもあるので活用しましょう。

NEXT トーチバーナーで簡単に作れるお料理レシピ①