イカの足は10本ではなく本当は8本!?残り2本は一体なに?

さて突然ですがクイズです!イカの足は何本でしょう?元気よく10本!と答えた方も多いでしょう。イカの足は「8本」が正解です。10本だと思われている理由は一体なぜなのでしょうか。足の数の秘密や、面白い生態についてご紹介します。

この記事をかいた人

アウトドア一家に生まれ、子供の頃からバーベキュー、キャンプ、釣りに親しむ。ついつい、道具も増えがちですが、子供も生まれたので、おしゃれにお手軽に自作する趣味も増えました。ランタンを見るとついつい手が伸びてしまいます。いきものがとにかく好き。小学校の頃はいきものががりでした。

イカの足の数は8本だった

何度数えても10本だという方もたくさんいると思いますが、イカをよく観察してみると、2本だけ長いものがあることに気付くでしょう。これは、足ではなく、腕なのです。触腕(しょくわん)と呼ばれています。

イカの足の本数は10本ではなかった

見かけ上10本に見えるため、10本足と一般的には言われていますが、生物学上、腕が2本と足が8本が正解です。物を捕らえたり、運んだりする役割をする触腕は我々と同じ腕と同じ役割を担っています。

足の数は8本

上記でもお話したとおり、イカの足の本数は8本であり、残りの2本は腕なので、タコと同じ8本足です。動物学的に物を運んだり捕らえたりする働きは腕と区別しています。我々人間も4本足ですが、前足とは言わないのと同じです。イカの二本の腕は、獲物を捕らえるために使われているため紛れもなく腕といえるのです。

残りの2本はイカの腕

「触腕」と呼ばれる2本

2本の腕、触腕と呼ばれていますが、役割は獲物を捕らえたり、運んだりするために使われています。足の役割とは異なります。餌を見つけると素早く腕を伸ばして、餌をつかみ取ります。交尾の際メスをつかまえるためにも使われます。

伸び縮みするイカの腕

NEXT 伸び縮みするイカの腕