キャンプでもお料理はフライパンで!おすすめ7選+フライパン料理レシピ

キャンプで使いやすいフライパンを厳選して紹介します。どんなにすごいフライパンでも用意するだけじゃ意味がない!ということで、キャンプにおすすめのフライパン料理とレシピを紹介します。お楽しみに!

この記事をかいた人

写真、自転車、釣り、登山、キャンプといったアウトドアが好きです。オカルトや不思議な話についても興味があり調べています。

キャンプで便利なフライパンはこれだ!

大自然の中で美味しい食事を作るのに欠かせない物が、キャンプ用のフライパンです。キャンプフライパンにはたくさんの種類が存在あり、その特徴や違いも様々です。美味しいご飯を作るためにも、まずはそれぞれの違いを知っていきましょう。

①キャンプフライパンは素材ごとの特徴を知って選ぶ

キャンプフライパンには、アルミ、チタン、ステンレス、鉄といった様々な素材が使用されています。素材ごとに特徴や大きな違いがありますので、使用シーンに合わせた適切なフライパンを選択することが大切です。

キャンプフライパン:アルミ

アルミ製は、扱いやすい軽さが一番の特徴です。熱伝導率がとても良く、安定した火力を保ちづらい焚火でも、短時間で簡単に調理ができます。安価で手に入りやすいですが、焦げやすく長期使用に向かないといった欠点もあります。

キャンプフライパン:チタン

アルミ程ではありませんがステンレスや鉄などに比べて軽く、耐久性と保温性に優れています。耐食性や抗菌性にも優れていますが、熱伝導率が低く、火の当たる部分は焦げやすくムラになりやすいといった欠点もあります。

キャンプフライパン:ステンレス

重さはありますが、丈夫で錆びにくく、非常に保温性に優れています。熱伝導率が低いといった欠点はありますが、一度温めてしまえば冷めにくいといった利点にもなりますので、利用シーンに合わせて選びましょう。余熱を利用した保温調理も可能です。

キャンプフライパン:鉄

熱伝導率が高く、丈夫で傷にも強いので、プロの料理人からも愛されています。使用前に手入れが必要ですが、使用するほどに油が馴染み焦げつきにくくなりますので、長く愛用することができます。しかし、他の素材に比べて圧倒的に重く、持ち運びに苦労するなどの欠点があります。

②車で行くキャンプなら使い勝手を最優先で選ぶ

キャンプといっても、徒歩、自転車、自動車など様々な移動手段があります。その中でも、自動車で出掛ける場合は荷物の重量や収納面といった煩わしさから解放されますので、調理での使い勝手を最優先しましょう。

③食器の代用にもなるスキレットがキャンプにおすすめ

NEXT ③食器の代用にもなるスキレットがキャンプにおすすめ