出世魚ワカシとはどんな魚?美味しい食べ方やレシピをご紹介

ワカシ料理の食べ方とレシピ:煮付け

魚料理の定番です。若い筋肉質な身には余分な脂肪がないのでパサっとした食感を覚える人もいますが、その一方で飽きない食べやすさを良しとする人もいます。生に比べて日持ちもし煮汁ごと冷凍保存もできるので多めに作ってストックしておくといざという時にも便利です。

ワカシの煮付けの特徴「ご飯のおかずにぴったり!」

引き締まった身の特徴からジューシーな食感にはなりにくいので味付けをしっかりしてあげることが美味しく食べるコツになります。ちょっと塩辛いくらいに仕上げ、身をほぐしてフレークのようにもするのもいいでしょう。

ワカシの煮付けの定番レシピ

  • 材料:切身 醤油 酒 みりん 砂糖 生姜
  1. 切身は霜降りにします
  2. 鍋で煮汁を作ります
  3. 切身を入れ落し蓋をして7分ほど煮てアクを取ります
  4. 生姜をスライスしたものを入れさらに3分ほど煮ます

ワカシ料理の食べ方とレシピ:ワカシの塩焼き

刺身と並ぶ代表的な魚の食べ方になりますが一度は試してみたいものです。パリッと香ばしく焼かれた皮面と肉厚な身。焼いている途中の匂いも食欲をそそります。サイズも手頃なため内臓処理したものを捌くことなくグリルで焼くことも可能です。

ワカシの塩焼きの特徴「シンプルなのがいい!」

滴り落ちるほどの脂がないですが、しっかりした食感の身を味わうことができます。上質な淡白な身を存分に味わいたい人は塩のみで、少しジューシーさが欲しい人は、大根おろしや醤油、ポン酢、すだち汁などを使うと身の間に汁気が入り食べやすくなります。

ワカシの塩焼きのレシピ

  • 材料:丸1匹(内臓処理したの)塩 大根 醤油(適宜)
  1. 両面に塩を振ります
  2. グリルでしっかり焼きます(飾り切りを入れると火の通りが良くなります)
  3. 大根はおろして皿に添えます(醤油は適宜)
NEXT ワカシ料理の食べ方とレシピ:ワカシの竜田揚げ