出世魚ワカシとはどんな魚?美味しい食べ方やレシピをご紹介

ワカシ料理の食べ方とレシピ:ワカシのホイル焼き

子どもから大人まで幅広い層に人気のあるホイル焼きで食べてみましょう。味付けをしたらアルミホイルに包んで魚焼きグリルで焼くのみと、手間いらずの簡単レシピを紹介します。野菜やキノコを合わせて具沢山に作ればメインのおかずとしても十分に活躍できるメニューです。

ワカシのホイル焼きの特徴「中華風でも洋風でも!」

下味さえつけたら、いかようにもアレンジできる万能メニューです。トマトソース、刻んだオリーブなどを入れたイタリアン風や、ごま油と甘酢をかけた中華風など、様々な楽しみ方があるので家庭の好みを探してみてください。

イメージはホイル焼きで有名なタラやシャケと同じで大丈夫です。タマネギやえのきなどを一緒にしてあげると香りもいい一品になります。ここではもっとも簡単で人気のあるマヨネーズを使ったレシピを紹介します。マヨネーズのオイリーなソースとの相性が抜群です。

ワカシのホイル焼き

  • 材料:切り身 オリーブオイル 玉ねぎ しめじ 青ネギ 塩 コショウ
  1. 切り身に塩、コショウを振って30分ほどおき出てきた水分をしっかり拭き取ります
  2. アルミホイルにオリーブオイルを塗ります
  3. 玉ねぎを薄くスライスしてアルミホイルにのせます
  4. 玉ねぎの上に切身をのせ、その上にシメジをのせます
  5. 全体にマヨネーズを波線状にかけます
  6. 包むように閉じて魚焼きグリルで15分ほど焼きます
  7. 全体にレモンを絞ります(適宜)

ワカシ料理の食べ方とレシピ:ワカシのアクアパッツァ

見栄えもいいレストランのおしゃれメニューとして有名なアクアパッツァをワカシを使って作ってみましょう。切り身でも作ることができますが1匹そのままだとさらに旨味が出ます。豪快に盛り付ければパーティーの引き立て役になること間違いありません。

ワカシのアクアパッツァの特徴「アサリを使ってリッチに」

ふっくらした口当たりが特徴です。1匹丸ごとでも十分旨味が出ますが最低でもアサリを加えて相乗効果を狙いたいところ。アサリの出汁が入ることで家庭の味からプロの味へグッと近づきます。

野菜はミニトマトが定番です。トマトの香りや酸味が程よいアクセントになります。またタイムを入れてあげることで生臭さがカバーされ上品な仕上がりに。バゲットとや白ワインとともにいただきましょう。

ワカシのアクアパッツァのレシピ

  • 材料:切身 アサリ ミニトマト  ニンニク タイム オリーブオイル 塩 コショウ 白ワイン
  1. バッドにオリーブオイル、ニンニクをスライスしたものを敷き、その上に両面に塩をした切り身を乗せます
  2. さらに上からニンニクをおき、オリーブオイル、白ワインをかけタイムを置き15分ほど寝かせます
  3. 寝かせた切り身を浅い鍋に敷き詰め、下処理したアサリ、ミニトマト、タイムを加えます
  4. 材料の高さ3分の1より少し多いくらいの水を入れ鍋に蓋をして強火にかけます
  5. 沸騰したら弱火にし、さらに5分ほど蒸し煮にします
  6. 味見をして足りない場合は塩をして味を決めたら出来上がりです
NEXT ワカシ料理の食べ方とレシピ:ワカシのムニエル