アライテントエアライズは超快適な登山テント!魅力や評価を徹底解説

アライテントのエアライズは山岳用テントとして有名で、その使い勝手の良さやクオリティにほれ込んだ多くの人々が愛用しているテントです。今回はアライテントのエアライズがどのくらい素晴らしいのか、魅力や愛用者の評価まで徹底的に調べてみました!ぜひ参考にしてください。

この記事をかいた人

旅行が好きなアウトドアライターです! アウトドア記事を書いているとキャンプがしたくなってきますね。 大学休学中にスペインを一か月かけて歩いて横断したのが忘れられない思い出です。 好きな料理は牛肉の赤ワイン煮込み。作るのも食べるのも

アライテントのエアライズとは

アライテントは日本のアウトドアメーカーです。有名どころのコールマンやスノーピークなどと比べると小規模ではありますが、アイテムの性能と品質の高さ、アフターケアの手厚さなどで定評がある人気メーカーです。

本物を知る職人技術のアウトドアメーカー

ARAI TENT(アライテント)は、1965年創業の日本のアウトドアメーカーです。創業者でありながら職人でもある新井睦氏は、カスタムオーダーの注文製品などを自らミシンを使って製作するなど、創業から50年余り、正面から製品に向き合ってアライテントブランドらしいアイテムを発信し続けてきました。

2016年4月に長男に社長の席を譲ったものの、シンプルで必要十分な機能を施すデザインは今もなお健在です。

エアライズは人気登山テント!

アライテントのテントシリーズの中でも、特に登山というアウトドアシーンを想定して作られているのが「エアライズシリーズ」です。

登山というとアウトドアでも特にハードなシーンであることが多いため、アイテム選びには特に気を付けたいところ。自分自身の足で山を登るわけですから、携帯する荷物の量なども極力減らし、軽量・コンパクトにしたいところです。

また、急な天候の変化や強風などによって倒壊する恐れがないようなテントを選びたいところですよね。そんなときにおすすめしたいのがアライテントのエアライズシリーズ。登山で必要な様々な機能を備えており、コンパクトに収納すことができます。

アライテントエアライズの魅力①構造

こちらのエアライズシリーズテントは、コンパクトに収納することができながらもダブルウォール構造のため、結露などにも強いのが魅力。設営のしやすさや携帯性の高さにもかかわらず、オールシーズンで使うことができる機能性・汎用性の高さも兼ね備えています。

オールシーズン使える

このシリーズのテントは、基本的には3シーズンでの利用を想定しているアイテムなのですが、この3シーズンをベースにして様々なオプションを併用することによってオールシーズンに対応することのできる汎用性があるのです。

もともとが登山用ということもありハードなシーンでの使用に耐える作りですので、工夫次第で様々な状況に対応することができるのですね。

日本に適したつくり

日本におけるアウトドアで特徴的なのは「湿度の高さ」です。コールマンのウェザーマスターのように、日本の気候に最適化させるための第一の課題は、日本の高温多湿な気候です。

日本は、「温帯(一部冷帯)湿潤気候」に属する島国であり、夏場などはその湿度の高さを特に痛感することが多いと思います。海外は夏場でもカラッとしていて、日陰に入ってしまえば涼しいものなのですが、日本ではそうもいきません。そのため、海外モデルのテントは総じて日本の湿潤な気候には向かないことが多いのです。

フライシートが加水分解を起こしてにおいを発生する、シートの肌触りが悪くなるなどの弊害が生じることもあり、日本の湿潤な気候に合わせているテントというのは思っているよりも少ないのです。

その点、日本製で様々なフィールドで性能テストを重ねているアライテントのアイテムは、そのブランドの歴史の中でしっかりと日本の気候に合わせた製品開発がされているので安心なのです。

アライテントエアライズの魅力②軽量コンパクト

登山用テントに欠かせないのがやはり携帯性の高さですよね。アライテントのエアライズシリーズは、軽量でコンパクトなデザインとなっているため持ち運びにも便利。その秘密は、中空構造の超軽量の糸を使った生地にあります。

折りたためばとてもコンパクトで軽量なので、登山だけではなく色んなシーンで役立てることができるのです。

軽量素材「FARRILLO(ファリーロ)」使用

NEXT 軽量素材「FARRILLO(ファリーロ)」使用