アジングの時期を徹底解説!釣れる時間帯やポイント、アクションもご紹介

冬のアジングは軽量ルアーがおすすめ

冬の場合は、アピールが弱く、泳ぎをスローに演出するような軽量のルアーがお勧めです。深場に移動しているため、水深があるところを見極めましょう。また、温水が流れ込むような場所(工場付近や湾内など)も水温が他と比べて高くなっているのでそのようなところを狙うのも良いです。うまく情報収集しながら冬にチャレンジしてみましょう。

アジングのポイント

釣れる場所については、潮の流れ方や温度などで地域によって差が出るところがあります。一般的には近くの堤防で釣ることができますが、今では釣り禁止ポイントもあったりするので、夜に釣りに行く場合は、昼間に下見をしたり事務局に問い合わせてから行くことをおすすめします。

アジは常夜灯に集まる

アジは常夜灯の下が狙い目です。大型は、その真下の海底に潜んでいることもあるため、階層を確かめながらアタリを待ちましょう。豆アジの場合は水面が泡立つほど激しく群れをなして泳いでいることがあるため、その変化も見逃さないようにじっくり観察しましょう。

アジングのポイントはプランクトン

プランクトンやそれを求めてやってきた小魚に反応するように群がってきます。潮の流れがあるところは、プランクトンが溜まりやすいのでおすすめです。沖に近いテトラポットや、外洋にできる限り近い堤防の方が内湾にいるよりもプランクトンが溜まりやすいので、昼間によく場所を見定めておきましょう。夜暗くなってから足を引っ掛けないように足場も気をつけてみると良いです。

アジングに適した天気は?

アジングの時期や時間帯については説明しましたが、それさえ条件が合っていれば釣れるのか、と言われれば答えはNOです。その日の天気次第で釣果が全く違う場合もあるため、どんな時が良いのかど紹介します。

波っ気一つないベタ凪の時が狙い目

アジング向けの天気は、晴れた暖かい日で、風があまり吹いていない、いわゆる「ベタ凪」の時がおすすめです。雨や風が強く波が荒い時はアジも大きく揺られて餌の小魚も、少しでも落ち着くように陰に隠れています。また、使用するルアーも、ライトなものが多く、風に影響されてうまく動かせなくなることもあります。

アジングに持っていくと便利な道具

アジングをする時にあれば便利な道具をご紹介します。いざという時にこれさえもっておけば、爆釣の時でもモタモタすることがなく効率的に次々とアジを釣り上げることができるでしょう。

ワニグリップ

アジが釣れた時に、ワニグリップがあればうまく挟んで針から素早く取り外すことができます。これはアジに限ったものではないので、一つ持っておけば他の釣りにも役立てることでしょう。ヌメヌメして暴れる魚にはうってつけです。先端のギザギザで、魚を逃さずしっかりキャッチします。

NEXT アジを締めるピック