ロゴステントの2019年Newモデル&定番モデルおすすめ23選!

ロゴスは、機能性、デザイン性、コスパ3拍子揃っていると人気のアウトドアブランドです。今回はロゴスの2019年発売のNewモデルのテントを完全解説します。かなり面白いアイテムもありますのでお楽しみに!合わせて定番のテントもご紹介します。

この記事をかいた人

旅行が好きなアウトドアライターです! アウトドア記事を書いているとキャンプがしたくなってきますね。 大学休学中にスペインを一か月かけて歩いて横断したのが忘れられない思い出です。 好きな料理は牛肉の赤ワイン煮込み。作るのも食べるのも

ロゴスとは?

カエデマークのメーカーロゴが特徴的なロゴスのアイテムはファミリー向けのアイテムが目白押しです。創業から90年を迎える日本の有名なアウトドアメーカーの一つです。

ロゴスは1928年創業の老舗メーカー

ロゴスは、創業90周年を迎えた老舗の企業です。会社の創業は1928年と古く、当時は船舶用品の問屋として発足した会社でした。その後、1970年に各種ボートなどのレジャー用品の販売に着手し始め、1983年に本格的にアウトドア用品の開発へと乗り出します。

「ロゴス」ブランドの正式な発足は1985年を待つことになりますが、現在では、日本の主要なアウトドアメーカーの一つとなっています。また、2016年には「知財功労賞」をアウトドア業界のメーカーとして初めて受賞するなど、その企業姿勢が評価されている優良企業でもあります。

ロゴスは家族の笑顔のためのブランド

ロゴスは「Enjoy Outing!」をテーマとして掲げているブランド。アウトドアへの関心が薄くなりがちな現代人でも気軽にアウトドアを楽しむことができるような、社会と自然との橋渡しをしてくれるブランドです。庭などで気軽に使えるバーベキューグリルや、簡単で短時間に設営をすますことができるテントなど、家族と過ごす時間、そこから生まれる笑顔を第一に考えているアイテム開発が魅力のブランドです。

ロゴスアイテムは「水辺5mから標高800m」

ロゴスが家族向けのアイテム開発をメインとしていることを示す端的なフレーズがこちら。「水辺5mから標高800m」というのは、子供を連れて家族でめいっぱいアウトドアを楽しむことができる範囲。

それ以外の範囲のアウトドア(登山などハードなもの)をあえて除外した商品開発をすることによって、ファミリー層のアウトドアをサポートすることを第一にした、ユーザーに寄り添う商品開発ができるのです。

ロゴステントの魅力

ファミリー向けのアイテムを求めやすいリーズナブルな価格で販売するロゴスは、親子のアウトドアをサポートする力強い味方です。また、価格だけではなく、高い品質と優れたデザイン性によってユーザーの心をがっちりとわしづかみにするロゴステントは、コストパフォーマンス面でも非常に優れています。

ロゴスのテントはデザインがかわいい

ロゴスのテントの中でもひときわ目を引くデザインをしているのが「ナバホ」シリーズのテントです。ナチュラルなカラーリングでありながらもどこかエキゾチックな雰囲気を持っているナバホシリーズは、おしゃれな女子にも人気のデザインです。

また、通常のロゴステントやカモフラ柄テントには、模様としてロゴスのブランドロゴであるカエデの葉が全面にデザインされています。一目見るだけでロゴスのテントだとわかるようなデザインで、こだわりが感じられます。

ロゴスのテントは設営が簡単

フレームエンドが袋状になっているため一人でも簡単に設営することができるROSYシリーズテントやワンポール構造で女性でも簡単に設営できるテントなど、ロゴスのテントは初心者でも安心の簡単設営が魅力的です。

2019年また、新商品である「グランベーシック エアマジックリビングハウス」にもみられるように、ロゴスは近年エアー注入式自立テントの開発に注力しています。空気を一カ所から注入するだけで短時間のうちに設営できるテントなら、家族とのアウトドアも断然楽しめますよね。

ロゴスのテントはコスパ最高

NEXT ロゴスのテントはコスパ最高