太刀魚のテンヤ釣りまとめ|仕掛けの種類や釣れるコツをご紹介!

太刀魚テンヤのタックル

使用するものは専用のものをお勧めします。少々お値段が高めでも、体力が消費するので、よりパワフルで使いやすいものが適しています。

太刀魚テンヤのロッド

扱いやすい長さは2m前後のものが良いです。長いと仕掛けが思うように動かせません。細かな動きが伝わるものを使いましょう。使用するものに合わせて負荷を確認しておけば間違いなしです。

シェアーズ(Shares) SOLFIESTA(ソルフィエスタ) 貫く牙 

シェアーズ(Shares) SOLFIESTA(ソルフィエスタ) 貫く牙 太刀魚テンヤSPECIAL / 195MH

Amazonで見る

  • 全長:1.93m
  • 継数:2本
  • 仕舞寸法:101cm
  • 自重:約130g
  • 先径:1.20mm
  • 元径:10.3mm
  • テンヤ:30-60号

高感度ソリットティップで繊細なアタリも逃がしません。専用のロッドで仕掛けも動かしやすく、強い引きにも程よい硬さで軽々と釣り上げることができます。

太刀魚テンヤのリール

とにかく体力を消費するので、電動のものを選びましょう。両軸タイプを基本として、PEラインを200mほど巻けるものが良いです。素早く巻くことができるリールをお勧めします。

シマノ (SHIMANO) 電動リール 13 フォースマスター 400DH 右ハンドル

シマノ (SHIMANO) 電動リール 13 フォースマスター 400DH 右ハンドル

Amazonで見る

  • ギア比:5.1
  • 最大ドラグ:49.0N/5.0kg
  • 自重:390g
  • パワープロ糸巻量(号-m):2-200/3-140/4-100
  • フロロ糸巻量(号-m):3-150/4-105
  • 最大巻上長:53cm(ハンドル1回転あたり)
  • 電動巻上速度:155m/分

仕掛けの投入から巻き上げも、電動なので片手で操作できます。タチウオの誘いも電動で一定の速度で巻き上げるだけでOKで簡単です。

太刀魚テンヤのライン

PEラインが3~5号が基本です。鋭い歯で噛みきられることがあるので、とにかく頑丈なものをお勧めします。ワイヤーと合わせたり、数本編みで頑丈なものが良いでしょう。

メジャークラフト PEライン 弾丸ブレイド 8本編み 200m

メジャークラフト PEライン 弾丸ブレイド 8本編み マルチカラー DB8-200/0.6MC マルチカラー 200M/0.6号

Amazonで見る

  • 長さ:200m
  • 号数:0.8号
  • lb:16lb
  • 8本編み

操作性に優れ水中の変化やアタリも感じやすいラインです。ガイドへの糸絡みなどのライントラブルも少なく、初心者でも扱いやすい。8本編みなので歯にも強いです。

太刀魚テンヤはリーダーも必要

リーダーは6~8号を使用しましょう。リーダーはラインと同じ強度が良いですが、切れてしまった時用に、ワイヤーやラインより強度を弱くするのも効果的なので、お勧めです。

サンライン(SUNLINE) リーダー テーパーリーダー ナイロン 2.5m×2本組

サンライン(SUNLINE) リーダー 太刀魚テーパーリーダー ナイロン 2.5m×2本組 5-14号 ブラック

Amazonで見る

  • 素材:ナイロン
  • 全長:2.5m×2本組 / 号数:5-14号
  • カラー:ブラック

結び目が無いため、ギリギリまで巻き込むことが可能で、鋭い牙にも耐えます。 ナイロン素材の伸びで柔らかい動きが演出でき最適のリーダーです。

NEXT 太刀魚テンヤの基本とコツを解説!