バス釣りラインおすすめ15選!リールに合わせた選び方と種類別の特徴まとめ

フロロラインのメリットとは?

ナイロンに比べ伸びが少なく硬いことで、感度が高いことが挙げられます。ピッチングなどの近距離で威力を発揮します。また、柔らかい物には強いので、ウィードのあるエリアではナイロンではウィードに食い込んで使いにくいですが、フロロだと食い込まずにウィードを切りながら使用できます。

フロロラインのデメリットは?

硬さがあるので、スプールになじみにくくトラブルが起きやすく、キャストしにくいので扱いに注意が必要です。低温時は特に硬くなってしまうので、寒いときには向きません。また、耐摩耗性があるように思われますが、硬い物に擦れるとすぐささくれてしまいます。沈むラインなので距離があると根掛かりしやすくなります。

バス釣り向けフロロラインのおすすめ5選

特徴のあるラインなので、使うシュチュエーションが限られることもあります。ですが、そのメリットやデメリットをしっかり把握しておけば扱いが難しいといったことはありません。ここではおすすめの商品を紹介したいと思います。

サンライン:ベーシックFC 8lb300m

サンライン(SUNLINE) フロロカーボンライン ベーシックFC 透明 300m 2号 8lb

Amazonで見る

商品スペック

8lb(2号)で300m巻きのコスパに優れたお徳用ラインです。ケースに入れたまま巻取りが可能で、フロロカーボンの基本的な性能を持っています。バスフィッシング以外にもエサ釣りや海での釣りなど、いろいろな釣りのハリスとしても使えます。

コスパに優れたフロロカーボンライン

価格が高い製品が多い中で、300m巻きでこの価格はかなりお得です。ライントラブルを起こしやすいフロロカーボンですが、一個購入しても巻き替えが可能です。75mごとにマーキングシールが付いているのでライン管理が楽です。

クレハ:シーガーR18フロロリミテッド 20lb100m

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 20lb

Amazonで見る

商品スペック

20lb(5号)の100m巻きラインでラインカラ―はクリアーです。このメーカーのフロロラインで最高クラスの強度と耐性をもち、愛用者が多いラインです。糸ヨレや巻き癖を付きにくくする製法が使われていて、整列巻きされています。

まさにリミテッド!

シリーズ最高クラスの品質を持ち、フロロなのにしなやかさがあります。そのため、ライントラブルも少ないです。直線強度が高く、ビッグベイトを投げても切れません。カバーに潜られても力ずくで引っ張れるほどの安心感があります。

NEXT クレハ:シーガーR18バス 9lb240m