バス釣りラインおすすめ15選!リールに合わせた選び方と種類別の特徴まとめ

強度に定評があるパロマ―ノット

最強のノットと呼ばれているのがこちらのノットです。大物狙いの方がよく使用する方法です。慣れると手早くできるということで、アメリカのバスプロが良く使っています。日本のプロでも田辺哲男さんが使用しているので有名です。

ラインの結び方の特徴

ラインを二重にしてアイやスナップに通してから方結びのような結び方をしてルアー全体をくぐらせて締めこみます。結びコブが小さく、メインラインに巻きつけることがないので、結び目を締めていく際にメインラインが摩擦によってちぢれません。

ラインの結び方を動画で解説

ルアーを輪の中にくぐらせる結び方なので、多めにラインを通しましょう。締め込む際にいきなりギュッと締め込んでしまうときれいに結び目ができません。じんわりと力をかけて締め込むことで強度も高まりますので、注意しましょう。

最適なライン選択でバス釣りの釣果アップを目指そう

主に使用されるラインについて紹介してきました。ナイロン、フロロ、PEとある中でそれぞれの特徴を活かして適材適所で使い分けるのが、釣果アップの秘訣です。自分の通っているところや狙うポイントに合わせて使うラインを選び、レコードフィッシュを狙いましょう!

バス釣りのルアーについての関連記事はこちら

初心者向けのバス釣り関連記事はこちら

ラインの結び方についての関連記事はこちら