マゴチをワームで釣ろう!おすすめやカラーや誘い方・アクションを徹底解説

マゴチ釣りの注意点

釣りをするときに注意すべきポイントがあります。この魚にはエラ付近にトゲのような突起物があるので、触る時には注意をした方がよいでしょう。思わぬケガにつながります。また、外道として、毒をもつゴンズイやエイが釣れることもあるので、覚えておきましょう。

マゴチ釣りの詳しい情報はこちら

マゴチのワーム釣りについて紹介

マゴチは釣りでは、ワームによるルアーフィッシングが出来ることが人気のひとつになっています。ここでは、ワームによる釣りについて紹介していきます。

まずワームとは何か?

紹介の前に、ワームとは何かを解説しておきましょう。ワームとは、樹脂で出来ている柔らかいルアーで小魚や甲殻類に似せたものです。これを、生きているように動かして、獲物を誘う訳です。

マゴチにはどんなワームがいい?

ワームにも、色々な種類が販売されています。この魚を狙うなら普段捕食している、エビや小魚に似せたワームが良いでしょう。基本的には、目の前に来た獲物には貪欲に食いついてくれるので、それ程、悩む必要はありませんが、底を取れるものを選ぶと良いでしょう。

マゴチ効くワームのサイズ

ワームは、同じ種類のものでも様々な大きさのものが出ています。釣りをする場所や、そこに生息しているベイトを参考にするといいともいます。一般的には4インチ程度(約10㎝)がいいとされています。

マゴチに効果のあるワームの種類

この釣りで、効果のあると言われているワームを種類ごとに紹介して行きます。それぞれに効果が違う特徴があるので、その内容を覚えて実際の釣りに活かしてください。

マゴチに有効なワーム①グロー

この種類の特徴は、見た目通りその形にあります。エビ系では、魚に似せたものとは違い止めておいても不自然には見えないのでじっくり誘うことが出来ます。また、重いものも多いので、遠投などをするときにも便利です。アクションでは、先ほど紹介したステイもそうですが、ロッドによってアクションさせ誘います。

マゴチに有効なワーム②グラブ

良く見かける種類ではないでしょうか。この種類は、大きな尻尾のようなひらひらが特徴で、使用した時に、尻尾が激しく動いて獲物を誘うことが出来ます。特にロッドアクションを気にしなくてもタダ巻きでも、良く動くので使いやすいワームでしょう。

NEXT マゴチに有効なワーム③シャッド