世界の女戦士たちを総まとめ。美しく勇猛な女戦士はフィクション以外にも存在した!

「女戦士」というパワーワードから浮かび上がるイメージと史実に名を残す女戦士たちの真実とは?彼女たちの戦闘能力と残した偉業はやはりすごかった!神話の世界から古代史、近現代史まで世界各国で活躍した勇敢な美しき女戦士達を紹介します。

この記事をかいた人

分かりやすく丁寧に解説!都市伝説やオカルト、不思議なことが大好きです。 新しい製品を試してみたり調べることも好きなので読者の皆様のお役に立つよう詳しく解説していきます。

歴史に名を残す伝説の女戦士

SilviaP_Design / Pixabay

戦士と聞いてイメージするのはガタイがいい屈強な男性のイメージが強いかと思います。男女雇用機会均等法があるとはいえ、まだ力仕事はやはり男性の仕事というイメージもまだまだ根強いです。そんな中で戦場をかけた女性に注目してみましょう!

女戦士とは

SilviaP_Design / Pixabay

当たり前ですが、この世には男と女2つの性別があります。そう考えれば戦士の半数は女性でもおかしくはないですが、やはり男性よりはかなり少ない存在です。それはやはり長い歴史の中で男尊女卑の思考のせいもあるでしょう。

しかし、そこまで行かなくとも社会的に男は女や子供を守るものであり、女性は守られる存在であるという意識があるからだと思います。また、体のつくりも男性の方が大きく筋肉量も違います。そんな中で歴史に名を残した女戦士も存在します。

女戦士のイメージ

Devanath / Pixabay

女戦士と聞いてどんなイメージを抱くでしょう。男勝りで強気で見た目もちょっと男性的なゴツいイメージがあるのではないでしょうか。大剣を振り回して次々と強敵を打ち負かしていくようなイメージ…。実際はどうだったのでしょう。

女戦士の役割

戦いに長けた女戦士だけではなく実は知略に長けた政治家というタイプもいます。歴史上をみても女王として君臨している存在は知られています。自ら戦うのではなく大勢の軍を指揮し戦場に立ったり、政略結婚を行う等まさに女の武器を活用する役割を負いました。

ただし、戦場においても武器の扱いや力の強い女性も存在しています。肉体的にも頭脳的にもどちらも優秀だなんて天は二物を与えずとは幻ですね。そんな優秀な人物であるからこそ、味方につければ怖いものなしといったところでしょう。

ギリシャ神話にみる女戦士

初めに神話時代の女戦士について紹介します。ギリシャ神話は3章に分かれており、世界の始まり・神々の話・英雄や人間の話と話が進むにつれ歴史上の事柄に関連づいてきます。想像上の創造神話と思われる部分もありますが、後述するトロイア戦争など遺跡が見つかっている話もあります。

ギリシャ神話に登場する戦士はたくさんいますが、今回は女だけの部族で戦いにも長けていた代表的な部族としてアマゾネスを紹介します。アマゾネスもギリシャ人が実在の部族を誇張したのではと言われていますが存在していたのは間違いないです。

最強の女部族「アマゾネス」

基本的には女性のみで構成された部族であり、北方の未開の地カウカソス、スキュティア、トラーキア北方などの黒海沿岸に住んでいました。子どもを生む時は他の部族の男性の元に出向き、生まれた子どもが男の子だった場合は殺してしまうこともあったというから相当な徹底ぶりです。

右の乳房を切り落とし戦う

アマゾネスは弓を扱う狩猟部族であり、馬も飼いならし戦力にも長けていました。現代においても強い女性の代名詞として使われています。弓を引く際邪魔になるので右の乳房を切り落とし、授乳は左の乳房のみで行ったという伝説もあります。

トロイア戦争とアマゾネス

NEXT トロイア戦争とアマゾネス