世界の女戦士たちを総まとめ。美しく勇猛な女戦士はフィクション以外にも存在した!

イスラム国と戦ったクルド人女性たち

クルドには全員女性だけで構成された国際支援組織から何の援助も受けずにおおよそ一万人を組織するYPJという民兵の集団がいます。全てクルドのコミュニティーから物資や食料も調達しています。兄弟組織としてYPGという組織もあります。

クルド人の居住地域に争いを持ち込もうとするもの全てに対抗している組織でイスラム国ISIS相手にも対抗しています。「私達は政府に頼ることなく自分たちで地域を守る必要がある」という言葉はなにかあると社会のせいにしてしまいがちな私達の心にも刺さりますね。

ダホメ王国精鋭部隊

1900年まで現在のアフリカ大陸のベナンが位置する場所に存在していたのがダホメ王国です。国王の周辺には何百人という女性が囲んでいました。それはハーレムということではなく、男性兵士以上の攻撃性を備え国王を守る精鋭部隊に守らせていたのです。彼女達は「ダホメのアマゾン」と呼ばれていました。

映画にみる女戦士

geralt / Pixabay

ここまでは全て実在の人物について説明してきました。ここからはフィルムの中の憧れの存在にスポットを当てていきます。主薬でなくとも魅力的なキャラクターは私達の理想となり心の中に存在します。

ワンダーウーマン

アメリカンヒーローを生み出すDCコミックスから登場したヒロインを描いた映画てす。アマゾン族のテクノロジーを使ったティアラや真実の投げ縄などを駆使し、2017年にはついに自身が主役の「ワンダーウーマン」が上映され、早くも第2作が発表されるという情報もあります。

ターミネーター「サラ・コナー」

アーノルド・シュワルツェネッガー主演のターミネーター。スカイネットに抵抗する未来の人類防衛軍のリーダーとなる息子ジョンを守り戦うターミネーター2での活躍はかっこよかったですよね。彼女を主演にした「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」という海外ドラマもあります。

ホビット「タウリエル」

原作小説には登場しない映画オリジナルのキャラクターです。闇の森の娘という意味の込められた名前で冷酷で敵を殺すことも厭わない性格ですが、キーリとの恋の行方を含めて注目されるキャラクターです。

架空の世界の女戦士

jsks / Pixabay

映画よりもっと想像上の人物と言えば日本が誇るアニメーションの世界です。男性ファンのみならず女性ファンをも惹きつけるたくさんの魅力的なヒロイン達がいます。その中でも今回は長く愛される二人を選んで紹介します。

ジブリ映画の名作「ナウシカ」

ジブリの映画には数多くの女性の英雄が登場しますが、強く優しい姫様といえばやはりナウシカです。メーヴェに乗って颯爽と空を駆け抜ける姿はカッコよくもあります。映画版もありますが、コミック版では映画で描かれなかった部分の描写もありぜひ読んで頂きたいです。

もののけ姫

ジブリ映画でもう一人挙げるのならそれは「もののけ姫」でしょう。山犬に育てられた野生児のようなサンという少女。主人公アシタカと戦う姿はまさにカッコいい女の子という言葉がピッタリでしたね。

NEXT 永遠の憧れ「峰不二子」