カンパチの旬っていつ?養殖と天然の旬の違いについて紹介します!

漁獲量の多い6~9月が旬

温水を好むため地域によってシーズンは異なりますが、大体6〜9月が釣期のメインとなります。特に水温20~30℃ぐらいの海域では9月以降もよく釣れることもあります。釣り場所は、堤防や磯からは小~中型、大型のものは船に乗ることをお勧めします。イワシやアジの群れが多く見られる場所が絶好ポイントです。

産卵前の冬のカンパチは脂乗りが最高

産卵前は栄養をたっぷり蓄えているため、さらに脂がのっておいしくなります。日本の産卵期は、大体4〜6月で産卵期と産卵後1ヶ月は、味が落ち、身の締りも悪くなると言われています。この産卵前が、栄養を十分に蓄えるため脂の乗りがいいとされています。そのため、2〜4月の産卵期に入る前までがお勧めです。

カンパチの旬:養殖物のカンパチの場合

さて、成長速度が早く、養殖に適していますが、養殖物にも旬はあるのでしょうか。お勧めの買い時をご紹介します。

養殖物は一年中美味しい

養殖しているものは、水温も一定で、餌も通年変わらず食べているので、味の変化がほとんど一年通して変わりません。そのため、どの時期は美味しいと目立った旬はなく、年中通して美味しくが食べる事ができます。

脂がのっておいしいのは11~3月

一年中養殖物は出回り、味の変化はあまりないですが、強いて言うならば、養殖のカンパチの産卵期は4~6月なので産卵期前の11月〜3月がベストと言えます。養殖で生産されたカンパチもクセの無い後味を持っていて、養殖臭さが全くないのでいつでも美味しいものが食べられます。

カンパチに含まれる栄養素は?

カンパチにはいろいろな栄養素が入ってます。美味しい上に、しっかりと栄養が取れ、体に良いなんて理想ですね。中でもたくさん含まれている栄養素についてご紹介します。また、お勧めの調理法も参考にしてみてください。

カリウム

stevepb / Pixabay

魚の中でトップクラスのカリウムの含有量です。100g中490mgも含まれており、バナナの100g/360mgを大きく上回ります。カリウムは、ミネラルに分類され、筋肉の収縮を正常に行う働きや、ナトリウムの排泄を促すため、高血圧やむくみの予防などにも効果があります。

カリウムは水溶性なので煮たりすると水に溶けてしまいます。そのため、カリウムの摂取には刺身が一番効率が良い食べ方でしょう。

DHA

DariuszSankowski / Pixabay

カンパチには、マグロなどと同じようにDHAも多く含まれています。生活習慣病の予防や改善、記憶力、集中力アップも期待できるので、子供からお年寄りまで積極的に摂取したい栄養素です。他にも、高血圧、動脈硬化、イライラの改善などにも効果があります。

こちらも、刺身で食べるのがよく、脂がのった旬の時期に獲れたものがさらに良いです。煮たりする場合は、煮汁も摂取すると効率よく摂取できます。

NEXT カンパチのおすすめの調理法