ロックフィシュゲームの仕掛けを紹介!釣り方別にベストな仕掛けを使い分けよう!

探り釣り仕掛けのポイントを紹介

色々なところに落とし込み探るために作られたものなので、投げたりアクションさせたりするようにはできていません。ひたすら魚を探して、色々な場所に仕掛けを落としていきましょう。

探り釣り仕掛けでの釣り方

ヘチ釣り、際釣り、穴釣り、落とし込みやミャク釣りなども、この探り釣りの一種だといえば分かりやすいかも知れません。ひたすらに目の前の魚が居そうなポイントに仕掛けを入れていく釣り方です。

ロックフィッシュゲームの仕掛け⑤:ルアー

餌釣りでなく、ルアーでも釣ることが出来ます。また、ルアーにもいくつか種類があって、魚を狙う方法も色々試すことが出来ます。この仕掛けについて紹介して行きましょう。

ルアー仕掛けの構造を解説

LG編集部作成

代表的なもので、プラクリ仕掛けを紹介します。道糸はナイロンの2号から4号程度を使用し、ショックリーダーにフロロカーボンの2号から3号程度を使用します。先端にブラクリと言うルアー付ける構造になっています。ブラクリにも色々な種類があるので、状況に合わせて使い分けします。

ルアー仕掛けのポイントを紹介

代表的なものに、ここで紹介しているブラクリや、他にもジグ、ワーム、テトラ玉、オモフックなども使用します。このように、色々な種類を使いわけ出来るところが、最大のポイントだと言えるでしょう。

ルアー仕掛けでの釣り方

基本的は、どのルアーも同じような使い方をし、その釣り方は穴や探りと同じです。餌を使わずルアーを使うので、シャクリやフォースなどのアクションで魚を誘う釣り方になります。

ロックフィッシュのワームに関する記事はこちら

ロックフィッシュゲームの仕掛け⑥:投げ釣り

この仕掛けは、文字通り投げて使用する仕掛けになります。岸から狙う時に、広く探ったり、沖合にいる魚を狙いたい時に使用します。詳しく紹介していきましょう。

投げ釣り仕掛けの構造を解説

LG編集部作成

道糸はナイロンで6号程度、ヨリモドシを付けて、フロロカーボンの3号から4号程度を使用します。先端いはナス型オモリを付けハリスの中間にトリプルサルカンを付けて針を付けます投げで使用するので、ラインの強度はきちんと確認しておきましょう。

NEXT 投げ釣り仕掛けのポイントを紹介