西湖おすすめキャンプ場10選!一番人気は西湖キャンプ場テント村!

浜の家キャンプ場

そのままハイキングコースに出られる

バンガローは40棟以上あり、足和田山や紅葉台へのハイキングコースにそのまま出られます。いろいろ使えそうなグランドや300人収容できる集会場、広くて使いやすい炊事棟など全体に新しくてキレイです。冬季はお休みですが釣り船のレンタル有り。

施設詳細

  • 所在地:山梨県南都留郡 富士河口湖町西湖2334
  • 連絡先:0555-82-2503
  • 公式サイト:浜の家キャンプ場

愛猫と一緒にキャンプはできる?

StockSnap / Pixabay

ワンちゃん連れOKのキャンプ場はここでも幾つか紹介しました。犬は基本的に飼い主に従順なので普段からキチンと躾をしていれば問題は無いと思われます。最近の調査ではペットとして飼われているのは犬よりも猫が多いと出ていました。愛猫をキャンプに連れて行きたいと思う人が居ても不思議は無いですね。幾つか気をつけるべき事はありますが不可能ではありません。

予防注射は必ず受けておこう!

Myriams-Fotos / Pixabay

普段は室内外の猫ちゃんもペットホテルを利用する際には予防接種が必須ですね。キャンプ場などに連れ出す場合には、普段の家の周囲には無いような病気を拾うことも想定しないといけません。目的地を決めたら事前に獣医さんと相談しましょう。

車での移動に慣れさせておこう

TheoRivierenlaan / Pixabay

キャンプ場までは結構な遠出です。車酔いなどしてしまっては可愛そう。ちょっとした体調の悪さがキャンプ場での鳴き通しにつながることも。そんな事にならないよう、普段から車でのお出かけに連れて行くなど慣れさせておきましょう。

トイレは持参しよう

Amazonで見る

自然の中のキャンプ場とはいえ、猫が好きなように地面をトイレにしてしまうのは問題です。排泄物を持ち帰るための袋なども持参しましょう。普段から猫トイレを使っているなら、それほど抵抗は無いと思いますが、これも事前に用意してお家でもリハーサルしておくと良いでしょう。嫌がって使わないようならキャンプに同伴は考え直しましょう。普段と違うことを嫌がる子も中にはいます。

餌や器は普段と同じものを持っていこう

出典:PhotoAC

お出かけはお互いにストレスにならないように、これが一番大事です。猫ちゃんがリラックスできるよう、普段と同じに出来ることはしてあげましょう。いつもの器にいつものご飯が出てきたらきっと安心するでしょう。小さなことも不安のタネにならないように準備することが大切です。

NEXT 猫同伴の可否はキャンプ場に確認しよう