チヌの落とし込み釣り大特集!おすすめタックル、エサ、仕掛けをご紹介!

目次

チヌの落とし込み釣り用エサ⑥ 各種ルアー

チヌをルアーで狙う釣りを「チニング」と呼びます。このチニングの中でもソフトルアー(ワーム)を使って落とし込みをする釣りが流行っています。ゲーム性が高くアングラーの方には大人気!シーバスと並んで強烈な引きが楽しめるターゲットです。

各種ルアーの特徴は?

使用するルアーはワームです。チヌは上から落ちてくる物に反応する習性を持っています。チヌにワームがエサだと誤解させることが出来れば食いついてきます。釣り方はエサと同じで岸壁20㎝以内を狙いそっと落としていきます。落とすだけです。下手にしゃくったり不自然な動きは禁物です。

各種ルアーが適する状況は?

ルアーはチヌに見破られたら終わりなのでシーバス釣りと同様に夜釣りに分があります。シーバスのタックルそのままでちょっと岸壁でチヌを狙ってみる!そんな手軽な釣り方がおすすめです。初心者の方にはワームの中でも匂いを発して集魚効果を高めた「ガンプ」が良く釣れるのでおすすめです。

チヌの落とし込み釣り仕掛けの基本構成は?

チヌの落とし込みの基本構成です。仕掛けは目印がどうなっているのかな?というのがありますが基本的にシンプルです。それぞれのおすすめのスペックをまとめて一覧にしたので参考にしてください。また、次項で目印の作り方を動画で解説します。

  • 竿:3.5m~4.5m
  • リール:太鼓リール
  • ライン:ナイロン2.5号
  • ハリス:フロロカーボン0.8号
  • ハリ:カニバリ4号

落とし込みの目印仕掛けの作り方

落とし込みの仕掛けの作り方を紹介します。仕掛けの長さは2.5m~3mです。そこに発泡シートを30㎝感覚で取り付けていきます。初めて作る方は言葉だけでは想像がつきにくいと思います。上に動画を貼りましたので是非参考にしてください。

目印を自作するメリット

完成品の目印仕掛けは意外と効果でコストがかかります。自作すれば驚くほど安く作れます。そして、仕掛けの長さが自在にコントロールできます。短い仕掛けで表層をスピーディーに探ることも、ボトムまで丁寧に探ることも可能になるのです。

落とし込み釣りでチヌを狙ってみよう!

落とし込みはシンプルな仕掛けでチヌとの一対一の対決が出来る人気の釣法です。シンプルだからこそ奥が深くベテランを飽きさせない魅力があります。しかし、同時に初めての釣行でいきなりチヌをゲットできる可能性もある釣りです!40㎝を超えるチヌに引きは格別で病みつき間違いなしです。ぜひ落とし込みでチヌに出会ってください。

イガイならチヌが釣れる!イガイをエサにしてみたい方はこの記事も一緒に読んでみてください。

ピッタリのヘチ竿が見つかる!ヘチ竿を購入したい方はこちらの記事で詳しく特集しています。