チヌの落とし込み釣り大特集!おすすめタックル、エサ、仕掛けをご紹介!

目次

プロマリン(PRO MARINE) バトルフィールド黒鯛 BK90NR

プロマリンから販売されている太鼓リールのバトルフィールド。タイコリールは親指と人差し指で挟み込んで使います。指先の動きで糸を送り込んだり止めたりをします。だからリールの回転性はとても重要。中心のベアリングが回転の決め手になります。

バトルフィールドはとにかくよく回る

バトルフィールドはとにかくよく回ると評判です。ダイワやシマノの高級メーカーに負けていません。ロッドはダイワでリールはバトルフィールドというセットで釣りをされている方もいます。重量も90gと軽くていいです。もちろんギアはついていません。

ヘチ釣りには最高にベスト!目印ではしっかり押さえて使う

ラインを手元のリール操作で送り込んでいくヘチ釣りにはリールの回転は生命線。リールが回らないとイライラしてしまいます。逆に目印は魚がヒットするまではラインが勝手に流れていかないように指先でしっかりとホールドしておく必要があります。

スペック

  • 糸巻量:3号-100M
  • 付属糸:糸ナシ
  • ギア比:1:1
  • 自重:90g
  • ベアリング(ボール/ローラー):2/0
  • 価格:約4,500円(2019年3月上旬Amazon価格)

チヌの落とし込み釣り用おすすめリール:その2

 

プロマリン(PRO MARINE) リール 海将黒鯛 レッド KA-87R

Amazonで見る

次に紹介するリールもプロマリンです。バトルフィールドの上位機種で値段が高くなった分だけ作りがしっかりした海将黒鯛。マシニングカットで削り出したBodyはタイコリールならではのカッコよさがあります。

プロマリン(PRO MARINE) 海将黒鯛KA87

こちらもプロマリンから販売されている太鼓リールの海将黒鯛。先程紹介したバトルフィールドの上位機種になります。アマゾンのランキングから見るとバトルフィールドより海将黒鯛の方が品気が高いのが窺えます。評価も非常に高いです。

良く回る!そしてカッコいい

外観は好みによってわかれるところですが、マシンカットで非常にカッコいいです。ワンランク下のバトルフィールド度比較すると組み立ての精度も上がりしっかりしています。外観がかっこいいというのは釣りのモチベーションをあげる一つのファクターです。

B2ガン玉一つでラインが送られていく

ヘチ釣りは極力オモリを軽くするのが鉄則。より自然に貝やカニが岸壁から剥がれ落ちていくところが演出できるからです。だからB2クラスの非常に軽いオモリでもリールが自然に回転するのが理想。海将黒鯛はその理想にとても近いです。

スペック

  • 糸巻量:3号-100M
  • 付属糸:糸ナシ
  • ギア比:1:1
  • 自重:107g
  • ベアリング(ボール/ローラー):2/0
  • 価格:約7,800円(2019年3月上旬Amazon価格)
NEXT チヌの落とし込み釣り用おすすめリール:その3