チヌの落とし込み釣り大特集!おすすめタックル、エサ、仕掛けをご紹介!

目次

チヌの落とし込み釣り用おすすめタックル④ 目印

目印釣りのメインの仕掛けとなる目印を2種類紹介します。目印の仕掛けは2.5m~3mの間に複数の発泡のシートを巻き付けたものです。発砲のシートはゆっりと徐々に沈んでいきます。チヌがエサに触ると、沈むスピードがゆっくりになったり、逆に早くなったりします。

チヌの落とし込み釣り用おすすめ目印:その1

OWNER(オーナー) チヌ発泡落し込み目印 オレンジ

Amazonで見る

目印仕掛けはチヌからのコンタクトを視覚化出来るアイテムです。ウキに近いイメージです。目印の仕掛けを長くすれば底の方まで探ることが出来ます。逆に短くして表層だけを積極的に探り次から次へと移動することも可能です。

OWNER(オーナー) チヌ発泡落し込み目印 オレンジ

OWNER(オーナー)が販売する目印の仕掛けです。目印は発泡製なので微力な浮力を持っています。この浮力がエサが落ちていくスピードにブレーキをかけいい感じに沈めていくのです。釣り人はラインのコントロールよりも目印の動きに注目しているので視認性が高いことが重要です。

視認性が高いオレンジカラー

海面で視認性が最も高いと言われるカラーの一つがオレンジ。OWNERの発泡シートもオレンジを採用しています。目印探る深さによって変わってきますが、15個前後が一般的です。間隔は25㎝~30㎝です。OWNERの発泡シートは14個入りなので予備も含めてちょうどいい数です。

詳細

  • カラー:ビビットオレンジ
  • サイズ:10mm
  • 14個入り
  • 価格:約430円(2019年3月上旬Amazon価格)

チヌの落とし込み釣り用おすすめ目印:その2

がまかつ(Gamakatsu) 前打ち目印仕掛4.5m(高浮力) 4.5m TO106

Amazonで見る

次に紹介する目印仕掛けは仕掛けとして既に完成しているタイプです。ビギナーの方はこういった既製品を最初に使ってみるのがおすすめです。慣れてきたらコレを参考にして自分で作っていくことが出来るようになります。

がまかつ(Gamakatsu) 前打ち目印仕掛4.5m(高浮力) 4.5m

がまかつの目印仕掛けは完成した状態で売っている仕掛けです。自分でシートを撒いたり準備する時間が無い方にはとても便利な仕掛けです。ラインに結ぶだけですぐに釣りが開始できます。予備として持っておくのもいいかもしれません。

高浮力でゆっくり丁寧に探る

この仕掛けは高浮力でゆっくりと探ってきたい時に使う仕掛けです。落とし込みはゆっくり落とした方がチヌは食いやすいです。そう考えると高浮力は断然有利になります。しかし、ゆっくり探ると沈めることが出来る回数は減ってしまいます。ゆっくり探るか、数を探るか、釣り場の状況によって判断します。

詳細

  • 長さ:4.5m
  • 浮力:高浮力
  • 仕掛け:完成品仕掛け
  • カラー:オレンジ
  • 目印間隔:30㎝
  • 価格:約860円(2019年3月上旬Amazon価格)
NEXT チヌの落とし込み釣り用おすすめタックル⑤ スイベル