マグロの中落ちってどの部分?中落ちを美味しく食べるレシピを紹介!

目次

マグロの中落ちの気になる値段は?

出典:PhotoAC

ネットだと割と多くの販売元を見つけることができます。値段はマグロの種類にもよるのでピンキリです。冷凍されたものが1kg単位で売られていることが多く、1500円〜4500円/kgほどで購入することができます。

中骨の部位が大体200g前後、取れる身は大体重量に対して6割ほどと考えておきましょう。ですので1kgだと約600gになります。5人家族の場合は1食分ほどの計算になります。ハレの日に食卓に出せば盛り上がること間違いないでしょう。

マグロを買いに出かけよう!

出典:PhotoAC

今や近所のスーパーや魚屋で当たり前に見かけるマグロですが国内にはマグロが有名とされる港が多数あります。有名どころだと観光地化しているところも多く、現地で食べることができたり、サク以外の部位も購入も可能です。新鮮な中落ちに出会えるチャンスも多いですよ!

国内マグロの水揚げ量 都道府県別トップ3

第1位 静岡県 26,844t

第2位 宮城県 19,258t

第3位 宮崎県 17,034t

(平成28年度調べ 参考 農林水産省「漁業・養殖業生産統計」

平成28年度には全国で16万トンものマグロが水揚げされ、そのうちの約4割が上記の県で水揚げされています。他に有名なところとして大間産ブランドで全国に名を馳せている青森県は12位、三崎港のある神奈川県は9位となっています。

観光もできる!マグロで有名な港町3選!

出典:PhotoAC

ここで紹介する港町にはマグロを食べることのできる食堂が数多くあったり、食材として持ち帰ることができるなど、水揚げ量に関係なく観光地として人気の高い場所を厳選しました。なかなか店で買える機会の少ない中落ちを吟味して購入できる機会もきっとあるはずです!

静岡県焼津港

古くは江戸の頃からカツオ漁で栄えた港で、明治の頃からマグロ漁も本格化しました。現在は遠洋漁業の基地として機能し、全国で最も水揚げ量を誇ります。鮮度のいい魚を食べさせてくれる食堂や魚屋も多数あり各方面からの観光客で賑わっています。

神奈川県三崎港

世界各地で獲れたマグロが集まる港として、主に首都圏の魚ファンに愛される港です。こちらも多くの飲食店が立ち並び、ファンのマグロ欲を満たしてくれます。また京急電鉄では「みさきマグロきっぷ」という乗車券と現地飲食店の食事券をセットにしたお得な切符の販売もあります。

青森県大間港

「黒いダイヤモンド」と称される本マグロの聖地で「大間マグロ」とも呼ばれています。その認知度やブランド力は全国随一と言っても過言ではありません。しかし味も確かで多くの人の舌を魅了しています。現地に行けば幾らかお得に食べられるので口にしてみたい人はぜひ!

本物のマグロの中落ちをぜひ味わってみよう!

出典:PhotoAC

今回はレシピを中心にご紹介しましたがいかがでしたか?骨付きの中落ちは今やネットでの購入や、飲食店でも食すことができるほど身近な食材です。ぜひ家族や仲間とともにスプーンを片手に食べたり、他のレシピで中落ちを心から味わってください。

またこちらには他にも多数のレシピが紹介されています。切り身だけではなくほほ肉など、部位別にもなっているので大変オススメです。中落ちにも応用できたり、他のアレンジを考えるヒントにもなるのでぜひご覧ください。

マグロ料理に関する記事はこちら