イヤミスにハマる人におすすめの小説・映画25選!後味の悪さがクセになる!

「イヤミス」という言葉の意味をご存知ですか?最近人気を集めている新しいジャンルなんです。イヤミスの映画や小説、ドラマはとてもおもしろいので、あなたもハマッてしまうはず。イヤミスのおすすめ作品をご紹介しますので、ぜひ楽しんでみてくださいね!

この記事をかいた人

父親の釣り好きに連れられて釣りが好きになったライターです

目次

イヤミスとはどういう意味の言葉?

イヤミスとは読んだ後、ミステリーの謎が解けたという爽快感がなく、嫌な気持ちになるミステリーのジャンルです。イヤミスの魅力は読了後のイヤ~な感じが逆に中毒性が高くなることです。特に女性はドロドロ模様が好きかと思います。

週刊誌とイヤミス好きの関係性

週刊誌の不倫といった、恋愛模様、醜い嫉妬、嫌がらせなどの人間の醜い部分は現実にもあることです。週刊誌は女性からの人気が高いように、ドロドロ模様が盛り込まれたイヤミスは、女性が惹かれるジャンルなのです。

イヤミスおすすめ小説①『十一月に死んだ悪魔』愛川晶

十一月に死んだ悪魔

Amazonで見る

交通事故をきっかけに記憶を失った作家が謎の美女と出会う

主人公が交通事故によって事故当日から一週間前までの記憶が失われるます。その日から発作に悩まされ、穴を見るようになります。新作を書き上げようとする主人公は謎の美女・舞華と同居することになります。舞華の正体を探るうちに、主人公の失われた記憶が徐々に明らかになっていく様はわくわくするものの、嫌な雰囲気もあります。

  • 出版社: 文藝春秋 (2013/9/25)
  • 価格:277円より

イヤミスおすすめ小説②『ボトルネック』米澤穂信

ボトルネック (新潮文庫)

Amazonで見る

死んだはずの自分が生きている・・・!

東尋坊に亡くなった恋人の追悼をしに訪れるます。何かに誘われるように断崖から墜落し…死んだはずだったが、気が付くと見慣れた街にいます。自宅へ帰った主人公を迎えたのは、見知らぬ姉。主人公の世界と見知らぬ姉の世界が混じりあった二つの世界です。後味が悪い作品となっています。

  • 出版社: 新潮社 (2009/9/29)
  • 価格:594円より

イヤミスおすすめ小説③『女王はかえらない』降田天

NEXT イヤミスおすすめ小説③『女王はかえらない』降田天