ヒル(蛭)の実態に迫る!ヒル対策やヒルによる吸血治療にも注目!

ヒルが剥がれたら傷口をよく洗う

Hans / Pixabay

ヒルが剥がれたことを確認したらまずは傷口を真水でよく洗い流しましょう。ここでしっかりと洗っておかないと、雑菌が傷口の中へ入ってしまって傷が化膿してしまう可能性があるので洗う事を忘れないようにしましょう。

血を出す

andreas160578 / Pixabay

真水で洗い流し終わったら皮膚をつねって血を出すようにしましょう。ヒルが血を固めさせない成分を注入した為、なるべくそれらを出した方が後々傷口が治りやすくなります。ある程度血が出きったら止めても良いでしょう。

消毒液や抗ヒスタミン成分の塗布

Hans / Pixabay

傷から他のばい菌が入って悪化しないように消毒液を塗っておくと良いです。また抗ヒスタミン成分は炎症を抑えてくれる効果があり、風邪薬などでも使われますがヒルの傷口治療にも役に立つのでおすすめです。

アンモニアは厳禁!

アンモニア成分の入ったものを傷口に塗ると余計傷が悪化してしまう恐れがあるので絶対使わないようにしましょう。また、キンカンも傷口に付ける人がいますが、アンモニアと同様炎症を起こす為傷口に使用するのは厳禁です。

ヒル除けにはタバコも効果ある?

realworkhard / Pixabay

登山やキャンプなどで、ヒル除けに塩や酢などを使ってる人がほとんどですが、中にはタバコをヒル除けに使っている人もいるようです。そこで、どうしてタバコをヒル除けに利用できるのかを解説していきます。

ヒルにはタバコのニコチンが効く

Olga1205 / Pixabay

まず、ヒルは蚊と同じで火が苦手で、おまけに煙も嫌います。タバコに含まれているニコチンは毒物及び劇物取締法で指定されたものでもある為、ヒル除けには充分に効果があります。しかし、タバコにもヒル除けには効果がある事は確かですが、お子さんなどが一緒にいる場所ではあまりこの方法はおすすめしません。

ヤマビルが増殖している理由

ヒルの種類は豊富にいますが、最も数が多いのはヤマビルです。ヤマビルが増殖しているのにも理由があるのです。そこで、どうしてこんなにも増殖していってしまっているのかを詳しく解説していきます。

ヤマビルには敵がいないから

ヤマビルは吸血もするし見た目も不気味ですので、一見天敵がいそうな感じはしますが、実は敵というものが存在しないのです。ヤマビルを捕食する敵もこれと言っていなく、繁殖をどんどんしているので増え続けています。

NEXT 動物に寄生するヒルが動物と一緒に移動していくから