グリルパンレシピ絶品揃いの16選!美味しさの理由やおすすめ商品も紹介!

グリルパンのレシピはどれも美味しいものばかり!お肉からお魚、野菜まで、グリルパンで作った料理は一味違った絶品料理になります。今回はそのグリルパンレシピを素材別にご紹介。美味しさの秘密の解説やこれからグリルパンを使いたいという方向けにアイテムも紹介しています!

この記事をかいた人

か弱きアウトドアファン。もう少し体力をつけて、ディープなアウトドアにも挑戦してみたいです。気軽にアウトドアを楽しんでもらえるように、分かりやすい記事を作成できればと思います!

グリルパンとはどんな調理器具?

distel2610 / Pixabay

おしゃれな食卓には欠かせないアイテムのグリルパン。みなさんは使ってみたことはありますか?テーブルに1つあると、一気に華やかな食卓になりますが、ただ見た目がおしゃれなだけではありません。いつもの料理をグッとランクアップしてくれる、とっても便利な調理器具なのです。

直火が使えない場所で網焼き風料理ができる

グリルパンと言えば、屋外で炭火や焚火と一緒に使っているイメージが強いですよね。香ばしく焼き目のついた食材は、見た目から美味しさが伝わってきますが、室内でバーベキューをするのは難しいものです…しかし実は直火が使えないインドアでも、網焼き風の料理が出来てしまう便利アイテムがグリルパンなのです!

グリルパンとフライパンとの違いを知ろう!

StockSnap / Pixabay

グリルパンとフライパン、どちらも食材に火を通すために使いますよね。形状も似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか?違いを知ることで、それぞれの得意分野が見えてきます。お料理のレパートリーもグッと広がることでしょう。

フライパンよりも分厚い鋳鉄製

鋳鉄(ちゅうてつ)という鉄より炭素の量が多い素材が使われています。フライパンよりも分厚く、温めた後は熱を長い間保温しておきますので、テーブルにそのまま出せば、長い間暖かいままの料理を食べることが出来ます。

鍋底に凹凸の波型がついている

フライパンは底がフラットになっていますが、グリルパンは底が波形に凹凸ができています。凹凸によって食材に焼き目がつき、油が凹部分に流れ落ちます。焼き目によって、香ばしい焼き目がより食欲をそそり、余分な油が出ることによってヘルシーな料理が手軽に完成します。

グリルパン料理の美味しさの秘密は?

RitaE / Pixabay

普通のフライパンと比べて、どのような違いで食材を調理することが出来るのでしょうか。また、それによってどれほど美味しく調理することが出来るのでしょう。グリルパンの持つ特性と形状から、フライパンとは違った使い方がを楽しむことが出来そうです。

熱伝導率と保温力の高い鋳鉄で料理ができる

鋳鉄を使うメリットといえば、熱伝導率が良いところ。大きな肉の塊も、ジューシーに焼き上げてくれます。また、分厚い鋳鉄は保温性も高いため、調理後にテーブルの上にそのまま出しておけば長時間暖かな料理を楽しむことが出来ます。

余分な脂も落とせてヘルシーな料理ができる

NEXT 余分な脂も落とせてヘルシーな料理ができる