人も捕食する恐怖の殺人魚カンディル!その恐ろしい生態と事件に迫る!

人を襲う?死亡事故まであったの?どう猛で人を襲うことさえある魚・カンディルについて詳しくまとめました。カンディルの生態を徹底的に解説することに加え、カンディルにより起こった死亡事故、そこから学ぶべき対策法などもご紹介します。

この記事をかいた人

役立ち情報を配信していきます!

カンディルの生態

deltreehd / Pixabay

アマゾン川に住み着く生物でもっとも恐れられている生物はご存知でしょうか?なんと、体の中から肉を食い尽くす恐怖の生物が存在するのです。どんな生物でどれほどおそろしい生物なのかをここで詳しくご紹介して行きます。

カンディルはアマゾン川等に生息するトリコミュクテルス科の魚

kropekk_pl / Pixabay

最もおそろしい生物、その名は”カンディル”(カンジュロ、カンジルと言われる場合もあります。)体長10cm〜30cm程で、南米の熱帯地区にある川に生息している生物です。種類によって異なりますが、黄色っぽかったり、青っぽい体の色をしています。

カンディルは超危険などう猛な肉食魚!

KELLEPICS / Pixabay

なぜ、この生物がこんなにもおそれられているのか。それは、すべての肉に食いつき食べ尽くす肉食魚だからです。ほとんどは、群れで生息しており、大群で襲いかかってくるので逃げ場がなくなってしまうのです。

カンディルは鋭い牙で穴という穴に入りこむ!

grafontour / Pixabay

そして、最もおそろしいのは、体にある穴という穴から鋭い牙を使い入り込んでくるのです!どんな穴でも入り込む事が出来る為、目、鼻、口、耳、尿道、肛門、膣などいたるところに侵入口があるのです!

カンディルは吸血タイプと噛みつきタイプがいる

Free-Photos / Pixabay

大きく分けて2種類の吸血型と噛みつ型がいます。アマゾン川に住む小型で肉食の淡水魚は全て”カンディル”です。吸血型、噛みつき型のそれぞれで違った特色があるのでどこが違うのかをご紹介します。

カンディルのタイプ①吸血タイプ

このタイプは、トリコミュクテルス科と言う種類で、血を吸いながら肉も食べるのです。小さな生物にはそのまま食らいつき、大きな生物の場合、エラなどの穴から中に入っていき内側から食らいつくとてもおそろしいタイプなのです。

カンディルのタイプ②噛みつきタイプ

ReaperDZ / Pixabay

このタイプは、セトプシス科と言う種類で、決定的な違いは入り込む穴が無くても皮膚を突き破って中に入り込むのです。油断しているとどんな所からも入り込まれてしまい、内側から肉をふんだんに食い荒らしてくるおそろしい種類なのです。

人食いナマズに興味がある方はこちらもどうぞ

カンディルは目が無い?

NEXT カンディルは目が無い?