さんまのきれいな食べ方をご紹介!おいしく秋の味覚を楽しもう!

さんまのきれいな食べ方①身を押さえる

出典:PhotoAC

骨を取るといっても、骨の周りには身がしっかりついており、そのまま箸を入れても中骨の一部が身の中に残ったままになってしまって上手く骨が取れません。なので、骨を取る前にまずすることがあります。

食べる前に全体を箸で押さえる

二つ目の動画にもありましたが、まずはさんまの身を押さえましょう。寝かせた箸で、等間隔にグッグッと上から押していきます。このとき力を入れすぎるとせっかくのふっくらした身がつぶれてしまうので、軽い力で頭と尾の間を何度か往復させるのがよいでしょう。

こうするとさんまの身と骨がほぐれる

箸で押さえることで骨と身の間に隙間ができるため、骨が取りやすくなります。動画ではさんまを立てて背の部分をほぐして開いていましたが、上から押さえるだけでよいのでさんまを立てなくても大丈夫です。

さんまのきれいな食べ方②背骨に沿って箸を通す

出典:PhotoAC

次は開く過程に入っていきますが、まだこの状態では「どこから開けばいいの?」となってしまうでしょう。なので、開く前にまずさんまの身に切り込みを入れます。さんまを立てなくても、表面から身を開くことができます。

背骨は中心よりやや上にある

箸を入れるときは背骨に沿っていくと身が崩れにくくなります。さんまの背骨は中心よりやや上、ちょうど色の境目の部分にあります。焼く前に軽く切り込みを入れる「飾り包丁」を入れておくと火の通りがよくなるほか、箸を入れるときの目安にもなります。

横にまっすぐ引く

出典:PhotoAC

名前に「刀」の字が入っている通り、さんまは細長く体高が低いため背骨は横にまっすぐ通っています。また日本では古くから左側を優位な方向ととらえる風習があり、頭は左側に置かれるので、切り込みを入れるときは左から右へまっすぐ引きます。柔らかいのでスッと箸が通ります。

さんまのきれいな食べ方③身を開く

切り込みを入れて、どこを開いていくかに目安がつきました。次は実際にさんまを開きます。熱々の中身が空気にさらされると冷めるのも早くなってしまうので、手早く開いていくのがポイントです。

切れ目から身を上下に開く

②の手順で一直線に入れた切り込み部分に箸を入れ、今度は箸を外側へ、上下に開きます。そうすると身も同じように上下に開きます。その要領で、えらの右側から尾まで開いていきます。一度に大きく開くより、何度か繰り返して、骨が見えるようにします。

ひっくり返さなくていいので簡単

出典:PhotoAC

「裏も開かなければいけないの?」と思うところですが、その必要はありません。片方の身を開けばそこから簡単に中骨が取れるので、開くのは表面だけでいいのです。この方法なら手も汚さずに簡単に開くことができます。

NEXT さんまのきれいな食べ方④骨をとる