どっちが好き?あなごとうなぎの違いを解説!見た目や味の違いまで

あなごとうなぎの味の違い

旨み成分としてのアミノ酸の割合は両者比較するとほとんど一緒です。味の違いを生んでいるポイントは脂質の量であり、脂質の少ないあなごはさっぱりとしていて脂質の多いうなぎはコッテリしているので好みによって食べ分けてみると良いでしょう。

骨が喉に刺さってしまった時の対処法

出典:PhotoAC

魚の骨が喉に引っかかってしまい嫌な思いをした方は多いのではないでしょうか。特にうなぎは小骨が多く喉に刺さって取れなくなってしまうことがよくあります。

こちらでは喉に刺さってしまった時の対処法をご紹介します。

いずれかの方法を試してみよう

出典:PhotoAC

  • 唾を何度か飲み込んでみる
  • うがいをする
  • ご飯を丸呑みして骨をおし流す
  • 鏡を見ながらピンセットで取る
  • くるぶしとアキレス腱の間の「太ケイ」というツボを深呼吸しながら押してみる

どうしても取れない場合は病院へ

valelopardo / Pixabay

小骨であればいずれかの方法によって取れますが、太い骨の場合は逆に喉の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。どうしても取れない場合は耳鼻咽喉科のあるお医者さんへ行き、診察してもらうのが安全です。

あなごとうなぎの違い⑥値段

出典:PhotoAC

高級食材として名高いうなぎと、リーズナブルな価格帯で市販のスーパーでも見かけるあなごですが、実際どれくらいの値段の違いがあるのでしょうか。

こちらでは実際の数値で値段について押さえていきたいと思いますので参考にしてみて下さい。

あなごの値段

出典:PhotoAC

値段相場としては、あなご1kgあたり2700円が相場と言われています。料理別で見ていくと蒲焼きは100gあたり平均500円〜1,000円、白焼きは500円程度、天ぷらは750円程度が値段の相場で普段の料理にも合わせやすいお手頃な価格帯です。

うなぎの値段

出典:PhotoAC

値段相場としては、うなぎの蒲焼きは1,500〜3,000円で天然物は4500円程度まで上がります。また白焼きは1200〜2500円程度、うな重は3000円〜4500円が平均価格であなごと比較すると高価な食べ物という位置づけです。

あなごとうなぎの違い⑦旬

出典:PhotoAC

続いてはあなごとうなぎの旬の時期の違いについてご紹介したいと思います。旬の時期について押さえておけばその時の一番美味しい状態のものを食べることができますので、ぜひ確認してみて下さい。

NEXT あなごの旬は夏