カツオの種類を徹底解説!見分け方もご紹介

本カツオの食べ方

出典:PhotoAC

多くの料理に使われる中でも、一番よく食べられるのは刺身とたたきです。全国どこでも食べられますが、高知県のカツオが特に有名です。カツオには旬が2回あり、初夏(初カツオ)と秋(戻りカツオ)で味や食感が異なるため食べ比べしてみるのもいいでしょう。

本カツオの食べ方はこちら

カツオの種類と見分け方②シマガツオ

シマガツオはカツオの仲間ですが、シマガツオ科という本カツオとは別の分類になります。別名では「エチオピア」とも呼ばれます。釣りをよくする人ならこちらの名前の方が聞いたことがあるかもしれません。

ユニークな名前と見た目の魚!

シマガツオは、釣り人の間では「エチオピア」と呼ばれ親しまれています。なぜそのように呼ばれるようになったかは諸説あり、明らかになっていません。「南方の島で獲れる」のでシマガツオと呼ばれますが、東京湾や相模湾でも釣れるので人気です。脂が乗って柔らかい白身がおいしい魚です。

シマガツオの生態

シマガツオは太平洋を中心にインド洋、大西洋など広く生息しています。浅瀬から深海までと縦にも広いです。深海で生活しているものもいれば夜になると浅瀬に上がってくるものもいます。食性は肉食で、エビやタコ、イカのほか魚類を食べます。

シマガツオの見分け方

シマガツオは本カツオに比べて平べったく、大きな眼が前の方についていて深海魚のような迫力のある見た目をしています。体高が高いのでカツオの仲間というよりはマンボウの仲間のように見えるかもしれません。体表の色は黒っぽい銀色をしています。

シマガツオの食べ方

シマガツオの身は脂が乗っていて柔らかく、焼いてもしっとりしていておいしく食べられます。刺身や塩焼き、ムニエルなどでよく食べられます。ウロコの形が複雑で獲りづらいので、自分で調理をする際はかなり根気がいります。市場でもあまり出回らない魚ですが、珍しい魚を取り扱う店では寿司や刺身が食べられるようです。

カツオの種類と見分け方③オナガシマガツオ

先に紹介したオナガシマガツオの仲間とされる魚です。ですが大きく深海魚のような迫力のあるシマガツオと違ってオナガシマガツオは非常に小さいです。シマガツオより知名度は低くほとんど知られていないどころか、まだ解明が進んでいない謎が多い魚です。

幼魚しか見られたことがない?謎多き魚

手のひらサイズのこの魚、実はそういう大きさなのかと思いきや幼魚なのです。成魚はまだ見つかっていないためシマガツオの仲間とされつつも分類学的にははっきりしていないのだそうです。飼育も困難でまだまだ解明に時間がかかる、ロマンがある魚です。

オナガシマガツオの生態

オナガシマガツオの生態はまだ詳しくわかってはいませんが、駿河湾より南の太平洋側で生息しているとされています。漁獲量自体は少ないですが、毎年南方の海では定期網にもかかるようです。シマガツオは深海まで広く生息しますが、オナガシマガツオは比較的浅い海を泳いでいるとされます。

NEXT オナガシマガツオの見分け方