アンティキティラ島の古代の機械の謎!古代ギリシャが誇った驚愕の技術

アンティキティラ島の機械は、当初は謎に溢れたものでそれほど注目されていませんでしたが、発見から約100年が経ちその正体がようやく解明されました。オーパーツとして扱われたほど精巧な作りで人々を驚かせたアンティキティラ島の機械について、仕組みや謎に迫ります。

この記事をかいた人

好奇心に突き動かされてただひたすら忙しい日々を送っています。

アンティキティラ島の機械とは?

アンティキティラ島は、地中海にある島です。クレタ島とペロポネソス半島の間に位置しています。1901年に沈没船の調査が開始されましたが、ダイバー1名が死亡、2人が障害を抱えました。装備にまだ無理があり、減圧症にかかってしまったのです。

古代ギリシャの精巧な機械

ATDSPHOTO / Pixabay

1度目の調査の時にいくつかの道具や青銅の像が引き上げられました。その時に引き上げられた機械は13㎝×15㎝の手のひらサイズです。でもこれは復刻されたもので、朽ちて失ったパーツを足して制作されました。ボロボロの状態でしたので、実際のサイズは不明です。

1901年にエーゲ海の沈没船から発見

Free-Photos / Pixabay

沈没船から偶然発見され、その後引き上げ作業は困難を極めました。潜水道具が今ほど良くない時代のことです。1分潜っては浮上するというような、効率が悪い作業を繰り返し、しかも引き上げた青銅器などは、長いこと水中にあったために、ボロボロと崩れてしまうのです。

アンティキティラ島の機械の性能

Tomasz_Mikolajczyk / Pixabay

引き上げられたアンティキティラの機械では惑星の動きも計算できる仕組みになっています。驚くことにその計算された動きは地動説ではなく、天動説の考え方でした。表示板をセットすると、その日に見える惑星の位置が表示されます。誤差は1000分の1です。

天体の動きを示す

WikiImages / Pixabay

アンティキティラの引き上げ品は精巧な歯車がいくつもあり、それは内部構造にもありました。歯車が組み込まれていましたが、16世紀に発明された構造だったり18世紀にならないと発明されていない歯車が組み込まれていたのです。

作られた年代と、その時代で作られたものの年代が合わないのです。そのため、はじめはオーパーツの扱いでした。ディスプレイは三面あり、表面は日付を示す針と月と太陽を示す針、月を示す針があります。5つの惑星の軌道を示す機能もついていたようです。

オリンピックの時期を計算する

nonbirinonko / Pixabay

アンテキティラの機械研究プロジェクトには、ギリシャ、アメリカの専門家が所蔵しています。2008年7月、アカポリス周期が盤面に刻まれているのを発見しました。OLIMPIAの文字です。青銅に刻まれているのは、76年アカポリス周期だと発表しました。

古代ギリシャの開催日が示されているといいます。オリンピックばかりでなく、イストミアやネメアなど、古代ギリシャの競技の開催日の日付がわかるようになっていたのです。そこには今の時代に伝わっていない大会もありました。

アンティキティラ島の機械が作られた経緯

NEXT アンティキティラ島の機械が作られた経緯